ロバみみ

王様の耳はロバの耳(・∀・)ノ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

不定期日記・薮

はい、パクリますたお(・∀・)ノ<RENさん

さて、我らが薮さんですが……。
なにやってんだお!!www

12月16日 ヘイズ
12月27日 来日エリザ&雪楽(11日後)
12月30日 月舞台稽古(3日後)

どんなに不定期なんだお!!www
ついていけねーっての!!www

主演コンビとエッフェルに扮した霧矢大夢との軽妙なかけあい、さらにベテラン、未沙のえる、出雲綾、嘉月絵理、越乃リュウら達者な演技陣の活躍があってもなお、お話の緩さは如何ともしがたく、お正月のおとそ気分での観劇にはうってつけだが、2月の東京公演のころになるとちとお寒いかも。

(・∀・;ノ
薮っちに「お寒いかも」とかゆわれてるお(・∀・;ノ


富豪の御曹司に扮した遼河はるひのとんだ演技も笑わせてくれる。

「とんだ演技」って……(爆)。
アッサーラふたたび?
ドキドキドキドキ……。


瀬奈がほぼでずっぱりで非凡なダンサーぶりを見せつけたこのショーで、芝居のもやもやが一気に晴れた。

(爆)
最後まで口の減らない評論家さんでつねーwww

スポンサーサイト
  1. 2006/12/31(日) 01:41:25|
  2. 今週の薮さん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2つの竜馬

感性の違い

薮さんも、早くも“竜馬”を観にいらしたようです。

●貴城&紫城がラストデュエット 宙組新トップのお披露目&サヨナラ公演
(スポニチOSAKA宝塚支局)
石田氏独特のベタなお笑いネタには少なからずひく場面もあるが、前2作にあった下ネタはさすがに遠慮がちでこれでもずいぶん上品な?仕上がり。

(爆)
薮っちにまで「引く」とか言われてる石田(爆)(爆)(爆)。


お竜役の紫城は、オープニングの泥酔シーンにやや精彩を欠いたが、竜馬との出会いやラブシーンなどは勝ち気でありながらかわいい女性の雰囲気をうまく出して好演。

ええーーー。
わんさんは、その初登場の泥酔シーンが、
シケもしどけなく、陸奥を指差してくるくるするところなんて
所作が色っぽくてとてもよかったと思うんですが。
(それよか、みきてぃの化粧のヒドさにびっくり/爆)

実際のお龍さんって、竜馬が死んだあと、
アルコール依存症みたいになっちゃってたんですってね。
るいるいも、立派な洋装で桂小五郎に寄り添う幾松を見て、
「ええなぁ、幸せそうで」とうつむく姿が哀れでかわいそうでした。

しかし、宙組生は、着付けがあんまし
お上手でないようにお見受けしますた。襟とか汚ねー(笑)。
今まであまり和物にめぐり合ってないから仕方ないですが、
この公演で学んでいってほしいものです。


共演者では、中岡慎太郎役の大和悠河、桂小五郎役の北翔海莉が重要な役割を占め、それぞれ自分の持ち場をきちんとこなしているが、徳川慶喜役の蘭寿とむが、徳川家最後の将軍の悲哀を押しだしのある台詞とろうろうたるソロでほぼ完ぺきに演じきり、これは見事だった。

「ろうろうたるソロ」!!??
……まあいいか………………(黙)。

【“感性の違い”の続きを読む】
  1. 2006/11/05(日) 14:19:52|
  2. 今週の薮さん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おびただしい見映え

千秋楽まであと10日を切りました。
コムロさんの化粧前はすでに真っ白に飾られているのでしょうねぇ。
そして、さよならショーのお稽古も始まったそうでつ。
どんな内容になるのかにゃ。

さて、薮っちの新公堕天使報告があがりますたw


●スターのオーラ輝く凰稀 雪組新人公演「堕天使の涙」で最後の主演
(スポニチOSAKA宝塚支局)

うぉーーーっ。
コムロさんの赤毛のせくしー小悪魔っぷりを見慣れていると、
かなめちゃんはやっぱりでかいにゃ!
リンゴが小さく見えるにょ。

やー、それにしても、今週は薮節ぶっちぎりでつね。


真っ赤なロングヘアに銀のチェーンの飾り、真っ黒の衣装にマントを翻して踊るルシファーはもちろん凰稀。長身で足が長く、プロポーション抜群の凰稀が、この格好で舞台中央で踊ると見映えすることおびただしく、はやくもスターのオーラがきらきらと輝く。

「見映えがすることおびただしい」て(笑)!!!
「おびただしい」って、悪い意味で使うのが一般的でつお(爆)。
そんでさらに付け加えるなら、
「見映え」よりも「見栄え」の方が一般的かもですね。


ダンスは大味でやや動きが鈍く、本役の朝海ひかるに比べるべくもないが、美しいというのは得というしかない。

なんという日本語だおヽ(´ー`)ノ
つまり、
「ダンスがどん臭いけど、綺麗だからごまかしが効く」
っていうことでつか(笑)。

まったくステキな日本語を書いてくれるよなー。
楽しい新聞記者さんだ。


内容的に本公演との変更点はほとんどなく、それだけに、本公演では気づかなかった脚本の不備がさらに浮かびあがったが、それはそれとして、出演者はそれぞれ適役好演。

も愉快だよなー。
「それはそれとして」てwww
なんだよ、そのカジュアルな言葉はwww

脚本の不備がどの辺にあるのか、
薮っち的感想を、一度お聞きしたいものでつ。

  1. 2006/10/22(日) 22:41:55|
  2. 今週の薮さん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

薮っちネタバレ(・∀・)ノ

たでーまです。帰ってきますた。

●朝海ダンシングスターの本領発揮 雪組「堕天使の涙」宝塚大劇場で開幕
(スポニチOSAKA宝塚支局)

激しくネタバレ中(・∀・)ノ

この画像の、天国のダンス、いいっすねぇ……。
天上を追われた天使であるルシファーが、
人間であるリリスの足元で目を閉じて安らぐところが
たまんねーーーー。
その姿が、すげー“朝海ひかる”で。

ルシファーにリリスに対する温かみが感じられないのだ。

言っちゃダメ~~~~~っっっwww

朝海は後半ほぼ出ずっぱりで踊るがそのしなやかな動きといい普通の人間とは思えない体力だ。ダンシングスター朝海の本領発揮といった2本だった。

「普通の人間とは思えない体力だ」て(爆)。
ホンマになぁ~~~~~~~~~。
あれを2回公演……大変だよなぁ……。

にしても、薮っち、“ダンシングスター”好きだよなぁ(笑)。
“ダンシングスター”初登場の回

  1. 2006/09/25(月) 00:02:03|
  2. 今週の薮さん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

薮さんの“リボン”評に噛み付いてみる

『BLACK???』のaiaiさんが、ネタ振りしてくださっているので、
飛びついてみます(・∀・)ノ→この辺

●サンリオピューロランドで上映「くるみ割り人形」大盛況…歌劇団協力の外部公演
(スポニチOSAKA宝塚支局)
 衣装や城の装置など宝塚顔負けの豪華さで、甲斐正人が作曲した音楽も本格的なもので、ミュージカルとしての体裁は整っている。
 しかし、モーニング娘。のメンバーにきちんとした芝居をさせようとしたことに無理があり、サファイア姫を演じた高橋愛は熱演だったものの、一夜漬けで男役をさせること自体無謀だった。
 作り自体もやや古めかしく、全体にテンポが悪い。もっと斬新な演出の工夫がほしかった。
【“薮さんの“リボン”評に噛み付いてみる”の続きを読む】
  1. 2006/08/27(日) 10:37:02|
  2. 今週の薮さん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

まゆたんふぁっそんチェック

つーわけで、今週の薮さんです。

●新トップの貴城&紫城“息ぴったり” 「コパカバーナ」8月1日博多座で開幕
(スポニチOSAKA宝塚支局)

まゆたん……その寸胴のジャケットは、どう見ても紳士服でつね……。
まゆたんは、実は、ボン・キュッ・ボンのナイスバディなお嬢さんなので、
男役としてはその体型を隠さなきゃあかんので、
こーゆー選択になってしまうのであろう……。

んが……、なんでボトムもインナーも真っ白純白ホワイティなのに、
なんなんだよ、そのおっさんくさいベージュはよぅ……。
ちゅーか、丈短すぎだろ!!!・゚・(ノД`)・゚・
だせーよ!だせーんだよーーー!!・゚・(ノД`)・゚・

もうちょっとプロの人に見てもらったりしようよぅー。
ショップの人でもいい!!(え?見てもらってる?)
まゆーーーーまゆーーーまゆーーーー(無駄に連呼)。

対極のタニオカが、七三分けの直立不動の小学生みたいではあるが、
おそらくドルガバであろうところのシルエットの美しい
スーツを着こなしちょるだけに、並びが痛い……_| ̄|○

ねーねー、もしかして、(●▽●)の方が足長い?
公称の身長は1センチ高いのに?


あ、いけねー、薮っちじゃなくて、
まゆたんへのダメだしになってしまった(親心)。

蘭寿も「自然で明るくてパワフルでおきれいでみとれてしまいます。一緒の舞台に出られるのがうれしい」と笑顔で話し、新生宙組の空気のよさをうかがわせた。
自然で明るくてパワフルでおきれいって、
なんかすげーおもしろいぞ!!貴城けい!!!www

ところで、バックナンバーのページの、
[2006/07/22]
ダンサー浅海ひかるを証明 「アルバトロス、南へ」東京・日本青年館から開幕
の“浅海”は、いつ気づいてもらえるんでしょうか……(´・ω・`)

  1. 2006/08/01(火) 19:42:14|
  2. 今週の薮さん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

薮さんもアルバ観劇

あれ、今週はうpが早いでつね。

●ダンサー朝海ひかるを証明 「アルバトロス、南へ」東京・日本青年館から開幕
(スポニチOSAKA宝塚支局)
 タイトルのアルバトロスとはアホウドリのこと。真っ白い翼で海鳥のなかでも群を抜いて長距離を飛び続けるアホウドリの能力の高さ、我慢強さ、意志の堅固さを作者の荻田浩一氏が朝海にたとえてのネーミング。朝海が出身地の仙台から宝塚にやってきたことから「南へ」ということになったとか。
いや、最後の仙台から云々は、
オギーのギャグだったと思うよ?ヽ(´ー`)ノ

  1. 2006/07/22(土) 01:17:37|
  2. 今週の薮さん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

Powered by FCafe

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。