ロバみみ

王様の耳はロバの耳(・∀・)ノ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

かしかしコム(お菓子占い)

あんぎゃーーー!!!
過去記事に関連リンク貼って補完してたら、
こんなサイトハケーン!!!

お菓子のポータルサイト
kashi-kashi.com(カシカシドットコム)

kashikashicom.jpg

かしコムぅぅぅぅぅ~~~~!!!!!

ちなみに、“ミズコム”ではなく、
“コムミズ”だと解釈しておりますがなにか。


ついでに、同ページにある
「お菓子占い」なんぞにもトライしてみますた。

【“かしかしコム(お菓子占い)”の続きを読む】
  1. 2006/07/25(火) 21:59:01|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

のりたんら、全ツ観劇

はいはいはいはい、
今日の全ツ“ベルばら”大分公演昼の部を、
のりたん、マコたん、ハマコたん、キムたんが
なかよく並んでご観劇だったそーで。

よかったねぇ、ミズナツキ。
夜はみんなで美味しいものを食べに行くのかしらねぇ。
(↑常にちかりんに対してはライバル心むき出しのわんさん)(芸風です)


桔梗さんとこ(『Wir lieben Wasser!』さん)で、
水くさいお姉さまのレポが読めますお♪

【“のりたんら、全ツ観劇”の続きを読む】
  1. 2006/07/25(火) 21:13:14|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:5

さら乱先生ブログ

さら乱先生──。
わんさんは、畏怖と敬意と茶化しの気持ちを込めて、
月船さららをこう呼びます。

seiraさんとこ(『heartquake』さん)で知ったんですけど、
さら乱先生がブログをお始めになったのですね。

『さらら的人生を垣間見る泉』
さららが感じる日常をやんわりとお知らせしたりなんかして??
http://cubeinc.typepad.jp/sarara/
(なぜハイパーリンクを貼らない?>自分)
(いや、なんとなく)(ドキドキ……)

【“さら乱先生ブログ”の続きを読む】
  1. 2006/07/25(火) 20:16:51|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:7

携帯替えた

携帯、替えたんすよ。
こないだほざいてた5つの条件のうち、4つはクリアしますた。

×・テレビが見られるやつ(お風呂で見るの)
○・miniSDが使えるやつ(のりこの画像をいっぱい入れるの)
○・3G
○・海外で使えるやつ
○・色がきゃわにゅいやつ

色は「きゃわにゅい」っていうよりも、
ちょびっと「かっこいい」目なんですけどね。

テレビがかなり痛恨でつー。
なんせ、わんさんの部屋にはテレビがない。
正確に言うと、テレビはあるけど映らない。
正直に言うと、テレビはあるけど壊れている。

直せよ(真顔)。>自分

数年前から、すごく大きくて黒い四角い物体が、
わんさんの部屋のチェストを意味もなく占領しています。

つべこべ言わず捨てろ(真顔)。>自分

いいんだお!!
2010年まで待つんだお!!・゚・(ノД`)・゚・(泣くな)


んでね、320万画素とかで
画素数がデジカメ並みに無駄にいいんだけどね、
今ひとつ扱い慣れなくて苦労してます。
レンズの位置とか色調バランスとか。

わんさん、ピンボケは自分的にかなり許せないんですけど、
そこがねー、今ひとつ納得いく出来にならないのよね。
ハイチュウとか、マクロで撮るときに重要なのよっ。

昨日もスポーツ新聞で練習してみますた。

060724_124339.jpg

んーーー、いまいち。(被写体選べ)

  1. 2006/07/25(火) 19:31:18|
  2. 分類放棄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

アルバ青年の主張2

わんさんのコメントレスが滞ってるため
ご心配くださっている方がいらっしゃるようで、
申し訳ございません。ありがとうございます。

放置してるわけでも、
落込んで立ち直れないわけでもないんです。
単に時間がないだけなんです~~~(;´Д`)


さて今宵は、アルバ青年の主張、
次なる若人のお便りをご紹介いたしましょう。

【“アルバ青年の主張2”の続きを読む】
  1. 2006/07/24(月) 23:10:00|
  2. アルバ青年の主張
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

片腕でもすっぽり

『アルバトロス、南へ』のフィナーレでは、
『月夜歌聲』より2曲が歌われています。


大ラスでコムロさんが歌うのは、主題歌『月夜歌聲』。
ウェンフー@わたるとアンシア@のりたんのデュエットソングです。
今回コムロさんが歌っているのは、ウェンフーパート。

鈴を張ったような眼で、一心にわたるを見つめるコムちゃんが、
初々しくて、愛くるしくて──。
そんなコムちゃんを、優しく、大きく包み込むわたる。

お互いを恋い慕う心を分かり合っていながら、
言い出せないふたりがじれったくて……・゚・(ノД`)・゚・

見詰め合ううちに唇が吸い寄せられるんだけど、
ハッと気づいて離れたりするんだおね。

うぎゃ~~~~!!!
やめてやめて~~~~!!!
じれってぇ~~~~~~!!!

……そんな作品でした。
(えええー!?)
(つか、自分でつっこんどいてナンだが、そんなんで間違いないとおも)


マコ、ゆめみ、ひめ、ちあきが歌い継ぐのは、
『愛さずにはいられない』。
アンシアの恋心を歌った可憐な曲。

♪この痛みは 忘れられても
♪あなただけは 忘れられない
♪唇越しに伝えたい この胸のすべて
♪あなたを 愛している

・・・・・・

・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・


かーーーわーーーいーーーいーーー!!!(溶)


このときにコムちゃんが着ていたのは、水色のチャイナ服。
このお衣裳を、最近、舞台で着た娘役さんがいます。
『長崎しぐれ坂』で中国人の女の子の役を演じたウメちゃんです。

お衣裳合わせに行ったら、
水色のチャイナ服が出てきた。

それを見たとたん、
「げ!これは『月夜』のコムさんのお衣裳!!」
と、ピンと来た(さすがヅカヲタ/笑)と同時に、
「絶対、入らない(TーT)」
と、青ざめたそーな。

着てみたら案の定きつくって、肩や腕の布を出したんだとさ。
どんな仕上がりだったか、見てみましょう。

↓ ↓ ↓

【“片腕でもすっぽり”の続きを読む】
  1. 2006/07/24(月) 22:27:55|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:7

銀座ウエストさん

20060723155754


銀座ウエストさんのデザートショコラ。
ココアの味が濃ゆくて~、
生クリームがしゅわっと溶けて
牛乳の味が広がって~。
むかつくほどメラウマス!!(><)



<参考>
●洋菓子舗ウエスト

  1. 2006/07/23(日) 16:00:12|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

アルバ青年の主張1

トップになって以降のコムロさんは、
いつだって、誰が退団する千秋楽でも、目をしばしばさせて泣くのをこらえ、
ちょっととぼけたことを言って、その場を和ませようとしていました。

そんなコムロさんの涙に、思い切り心動かされ、
『えー!?ちょっと待って!!
 やべー!!あたしって超痛てぇファン?!!』
と、動揺してしまった青年館千秋楽でした。

でもね、でもね、なによりも、無言でどんな激務にも耐えてきたコムロさんが、
舞台の上で、観客の前で、ファンの前で、
自分の感情に素直に声を詰まらせて涙を流す姿は、
もうホントに、「よかったね」の一言でしたお。

うんうん、よかったよかった。
あなたは自分をよく変えて、よくここまで頑張ってきた。


つーわけで、わんさんもひとまず落ち着きましたので
皆さまからいただいております
「アルバ青年の主張」をボチボチご紹介してゆきたいと思います。

例によって激しくネタバレですので、お気をつけください。
(でも、わんさん思いまするに、1回しか観劇の機会が無い方は、
 あらかじめネタバレしてからご覧になった方が、
 より思い入れが深まって、楽しめると思いますお)

【“アルバ青年の主張1”の続きを読む】
  1. 2006/07/22(土) 17:12:54|
  2. アルバ青年の主張
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

薮さんもアルバ観劇

あれ、今週はうpが早いでつね。

●ダンサー朝海ひかるを証明 「アルバトロス、南へ」東京・日本青年館から開幕
(スポニチOSAKA宝塚支局)
 タイトルのアルバトロスとはアホウドリのこと。真っ白い翼で海鳥のなかでも群を抜いて長距離を飛び続けるアホウドリの能力の高さ、我慢強さ、意志の堅固さを作者の荻田浩一氏が朝海にたとえてのネーミング。朝海が出身地の仙台から宝塚にやってきたことから「南へ」ということになったとか。
いや、最後の仙台から云々は、
オギーのギャグだったと思うよ?ヽ(´ー`)ノ

  1. 2006/07/22(土) 01:17:37|
  2. 今週の薮さん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コムちゃんの涙

コムちゃんの涙は、感謝の気持ちと充実感に満ちた、
昇華の涙だったと思います。
何度も繰り返される、
「ありがとうございます」の言葉。

もう二度と戻って来ることのない、日本青年館。
いとおしむように大ホールの場内を見渡す
コムちゃんの澄み切ったまなざし。
美しかった。

こうして彼女は、思い出のつまったひとつひとつの劇場に、
しっかりと別れを告げて行くのでしょう。
私も、この大好きな人に置いて行かれないように、
見届けたいと思います。

でも、バウは1回しか観られないの~(笑)。 ※楽じゃないでつ
ご覧になる皆様のご報告を楽しみにしてます。

  1. 2006/07/21(金) 09:54:20|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:7

アルバトロス、南へ

コムちゃんね、声が低いから、
涙をこらえると喉が広がって、
いっそう可愛くなくなるんだよ……(TTーTT)

うわずると、腑抜けた高い声になって、
妙におかしいんだ……(TTーTT)

口元を手で押さえながら、
何度も何度も「すいません」「すいません」という
コムちゃん……。

【“アルバトロス、南へ”の続きを読む】
  1. 2006/07/20(木) 20:15:05|
  2. | トラックバック:3
  3. | コメント:11

最後の青年館

終わりました。
終わりました……。

カーテンコールで
コムちゃん泣いちゃった(/_;)

  1. 2006/07/20(木) 15:57:07|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

なるちゃんの日記

昨日、『アルバトロス、南へ』青年館公演を観劇したなるちゃんが、
ご自身の日記にその日のことをさっそく書いています。

まひるちゃんと“マル秘”で隠されたコムちゃんとの記念写真も。→こちら

自力ではどうにもならない大きなうねりの時代を、
同じ雪組で生き抜いた人たち。
いろいろな道を辿った人たち。

今それぞれ楽しい思い出の方が多ければ、
今幸せであればいいなと思います。

  1. 2006/07/20(木) 10:16:31|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

本日の青年館

本日夜の部の追加公演、なるちゃんがご観劇だったそーでつね。

たんぽぽ殿(『アルトが好き♪~』さん)がご報告なさってます。→コチラ

てか、コムロさんのあいさつがぁぁぁ……。
あうぅぅぅ……。

明日は青年館の千秋楽ですね。
先週の金曜日から始まって……
濃くて短い1週間でした。

2006年12月24日まで、あと158日。

  1. 2006/07/19(水) 23:38:07|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

携帯替えたい

街を歩くと、
人様の手にしている携帯がやたらと気になります。

携帯替えてぇーーーーー。


希望としては、

・テレビが見られるやつ(お風呂で見るの)
・miniSDが使えるやつ(のりこの画像をいっぱい入れるの)
・3G
・海外で使えるやつ

んで、

・色がきゃわにゅいやつ

がいいでつ。



でも、ホントは、↓これがいいでつ。

【“携帯替えたい”の続きを読む】
  1. 2006/07/19(水) 20:19:50|
  2. 分類放棄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

なぜアルバトロスではないのか

パンフレット買って、はじめて知ったんですけど、
1幕・2幕、それぞれにタイトルがあるんですね。


ACT I のタイトルが、“A Minstrel Bird”。
直訳すると、「吟遊詩人鳥」。
これは、歌と踊りのショー形式だから、
単純にこのとおりに受け取っていいのかしらん?


ACT IIが、“A Stormy Petrel”。
「コアシウミツバメ」
「もめごとを起こす人、疫病神」の意味もあり。

ちなみに“Albatross”は、
劇中でもさんざん言及されるように、ご存知「アホウドリ」。
航海中にこの鳥が飛ぶと嵐の前兆とされた。
このため、転じて、「執拗な心配のもと」の意もあり。

アルバトロスは、広げると2mを超える巨大な翼を持つ鳥。
一方、コアシウミツバメは、全長15cmくらいの小さな鳥のようです。
印象がまったく違います。


なぜACT IIのタイトルに“Albatross”が使われておらず、
“A Stormy Petrel”なのか。
コムロさん演じる“彼ら”は、アルバトロスのようで
アルバトロスでなく、ウミツバメなのか?

アルバトロスになりたかった、ウミツバメなのか?

アルバトロスでないなら、やっぱり南へは行けないのか?

悩──。


あああ~~~、
なんか、ざわざわする~~~~~。
むかつくなぁ~~~~www<オギー



<関連>
●アホウドリ
●ウミツバメ

  1. 2006/07/18(火) 22:52:15|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:7

繋がってるんですね♪

TPOをわきまえないエロ。
そんな無邪気なところも、女神の魅力です。


それは、『青い鳥を捜して/ドリキン』の
トークショーでのことでした。

NTTフレッツのキャンペーンで、
トップ5人と理事の監修でオリジナル携帯ストラップを
作ったという話になり……。

【“繋がってるんですね♪”の続きを読む】
  1. 2006/07/18(火) 19:01:44|
  2. 女神の金言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

パンダに占領される日

早くもアルバ感想&解釈募集に、いくつか反応をいただいております。

ありがとうございます。
ありがとうございます。

ちょこっと整理して、後日紹介させていただきたいと思います。


さて、そんな中、わんさんの大好きなパンダちゃんの画像が
よい子のお友だちから送られてきました……。


060718_0947~0002.jpg
うちにパンダが住み着いて、早くも1ヶ月経ちました。

【“パンダに占領される日”の続きを読む】
  1. 2006/07/18(火) 18:22:29|
  2. パンダちゃん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

んで結局、なにがどーなのさ。

『アルバトロス、南へ』のACT II、
わんさん、初見では全部「お話として」繋がってるのかな、
コムたんは同じ人なのかなとと思ったんだけど、どーも違うっぽい?
(もちろん、テーマは繋がってるんだけど)

2度目では、ちぃのコムロさんとひめのコムロさんが
同一人物なのかなと思ったんですけど、
台詞で説明されているお育ちからして違うので、違う人のよう。

どーなってんのー?
どーなってんのーー??

黒い帽子のマコたんは、コムたんの恋人でつかねぇ?
それとも肉親?
(歌詞では恋人っぽいような……)

あと、最期のひめのところのコムロさんが、
ハマコが捕まえたといってるのにふらふら戻ってくるのはなに???

もー、オギー、相変わらずわかりづれーんだよー。
(「難しく」ないんだけど、「わかりづらい」)

というわけで、皆さまからお知恵を拝借したく存じます。
あなたの感じた、思った、考えた、
アルバのツボや解釈を教えてください。
右の専用フォームより、お待ちしております。
  ※募集は終了しています

内容は「ロバみみ」で紹介することがあります。
非公開希望の方はその旨お書き添えください。

また、無駄に添付ファイルが送れますので、
わんさんに見せたいネタのある方はご利用ください(笑)。

  1. 2006/07/17(月) 23:29:33|
  2. アルバ青年の主張
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

アルバトロスの感想(お芝居編・下)

お芝居編に登場するのは、名も無き人間たち。
キーワードは、革命・戦争・自由・南・アルバトロス……。

<追記>7/18 20:57
読み返してみたら、感想じゃなくて、半分あらすじでした(爆)。
だってこのお芝居、よく反芻しないと、
その場の自分の感情が整理できないんだもん。
(「だって」言うな)

チケット難のこの公演、ご覧になれない方にも
空気を感じ取っていただければ幸いです。

【“アルバトロスの感想(お芝居編・下)”の続きを読む】
  1. 2006/07/17(月) 23:11:53|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

アルバトロスの感想(お芝居編・上)

大きな翼が邪魔をして、地上では上手く歩けない鳥。
でも、その真っ白な大きな翼で、どこまでも遠く飛んでいける鳥。
アホウドリ……アルバトロス……。

それは、不器用だけど、
ここまで辿り着いた朝海さんの姿に重なります。
そして、どこへ飛んでいってしまうのか……。

オギー……汚ねーぞーーーーー(TT_TT)
思い入れのあるファンなら、ぜってー泣くって。

なんだよもー、この上ない宛書。
ありがとう。
すげーよ。
ずりーよ。

わんさん、ちょっとぴゅあファンになっちゃったお。
(いや、前からエロ・尻言ってても、ぴゅあはぴゅあなんですって)
(客観と主観の切り替えが出来すぎるだけなの)

この上ない「さよならイベント」だよ。
オギーのバカヤロー。
ありがとう。



『アルバトロス、南へ』ACT IIは、
自分がどこへ行きたいか、何がしたいかもわからない男たちが
ふたたび歩き出す物語──。

※注:文中に出てくる台詞は、うろ覚えなので正しくない場合が多々ございます。
   まあ、こんな雰囲気っちゅーことで、丸々信じないよーに(爆)。

【“アルバトロスの感想(お芝居編・上)”の続きを読む】
  1. 2006/07/17(月) 23:04:58|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

プログラムを買いますた(・∀・)ノ(青年館アルバmy3回目)

7月17日(月・祝)
『アルバトロス、南へ』青年館公演、my3回目観てきますた。
そして、プログラムを買いますた(キラ~ン)。

すごいぞ、わんさん。
快挙だ、わんさん。

そして、わんさんにプログラムを買わせるオギーと
コムたん、すごいぞ。

以下、自分的答え合わせと、ご覧になれない方の、想像のために。

【“プログラムを買いますた(・∀・)ノ(青年館アルバmy3回目)”の続きを読む】
  1. 2006/07/17(月) 19:47:26|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

アルバトロスの感想(ショー編)

7月16日(日)
金曜日の初日以来、2日ぶり2回目の観劇。
全体的に硬さが取れて、出演者たちに余裕が出てきたように感じられた。

観ている側からしても、
神経を使って隅々にまで目を配らなくてはならない初見に比べて
観劇後の疲労感に雲泥の差がある。

浸りたいところに浸れて、楽しく観られた。


以下、ファンモードぶっちぎりのネタバレ。

【“アルバトロスの感想(ショー編)”の続きを読む】
  1. 2006/07/17(月) 02:47:51|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

涼菓

20060716230850

夏の和菓子をいただきますた。

こしあん入りの葛まんじゅうに、つぶあんと、
涼しげな川とお魚さんの形を模した葛きり。

【“涼菓”の続きを読む】
  1. 2006/07/16(日) 23:09:42|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

アルバmy2回目

<携帯から>

すっげー良かったーーー(TT―TT)
泣けたっす。ずるずるっす。
存在が半分消滅しかかっているような朝海さんを、
しっかり現実につなぎ止めてくれてる共演者たち。

つーかアマセが、初めて人前に出しても恥ずかしくない
化粧と髪型と芝居をしていて、おばちゃんカンドー(爆)。

  1. 2006/07/16(日) 19:48:15|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

オーロかマールか

『アルバトロス、南へ』
まさに、「朝海ひかるの玉手箱や~~~」なこの作品。

純コムファンなら、懐かしくて嬉しくて、
いろんなコムさんが見られて、涙ちょちょ切れ確実なんだけど、
ひとつの作品として見た場合、
休憩を挟んでの前・後編のバランスが悪いし、
あれもこれもと盛り込みすぎて平板だし、
一般的にはどーなんだろと少々感じた初日でした。

確かにコムロさんのダンスはすげーし、
オギーの演出センスもただならないし、
かなりな秀作であることは確かであるのだが……。
私が客観的すぎで贅沢すぎるのだろーか。

ま、とにかく、「さよならイベント」としては
超・超・超・超・超サイコーーーであることには間違いない。


さて、そんな中、
ノバのシーンでコムロさんはオーロじゃなくて
マールなんじゃないかというご意見があるようです。
わんさんは、なんの迷いも無くオーロだと思ってますたが、
どうしてそう思うのか聞かれたので以下解説。

※注:激しくネタバレ。

【“オーロかマールか”の続きを読む】
  1. 2006/07/15(土) 21:00:30|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:6

トップの化学変化【わん蘭トーク】

アルバの青年館初日を見た夜のわん蘭トークでつ。

今回は、わんさんがいつもコムロさんの舞台を見ていて感じる、
彼女特有の抑えきれない性的欲求が溢れちゃってるようなエロさは控えめで、
(控えめっちゅーか、ほとんど感じなかった)
(手錠かけられてのダンスもあったのにもかかわらず)
(すげーふつーに技術的にかっこいいんだもん)
(コムロさんが禁欲的生活をしているからであろうか)
おっさん臭いまでに成熟した男役さんのかっこよさが漂っていました。



わん 今日ののりこさんねー。
蘭子 おっさん臭いの?
わん ちゃんとおっさん臭かったお。
わん 無駄にエロくなかった。
わん スーツの似合うおっさん。
わん ヤンさんみたいだったの!!
蘭子 目つき?とかも。
わん そーなの。
わん 大人の男だったお
蘭子 いいな、いい感じだ
わん ダンスが素晴らしかったー
わん タカラジェンヌじゃなくて、ダンサーのダンスだった。
蘭子 ダンサー(T-T)
蘭子 可愛くてチャーミングでおっさんでかっこよくて
蘭子 いいにゃあ
蘭子 見たかったなあ

【“トップの化学変化【わん蘭トーク】”の続きを読む】
  1. 2006/07/15(土) 16:04:13|
  2. トーク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

宙組製作はぴょー

東京では、コムロさんのさよならイベントが幕を開け、
同じ日にかしちゃんのトップお披露目公演の
製作発表記者会見がありました。


●新生・新鮮 宙組で日本の夜明け真公式ENAKさん)

公演チラシは、ショー『ザ・クラシック』のイメージのものでつ。→コチラ
白いお!!
かしるいが白いお!!!
きれーだお!!!
白いお!!(バカでーつ(・∀・)ノ)

かっしー王子とクレバーな雰囲気のるい子に、
白とクラシック、合うじゃなぁ~~い?
いいじゃない?
いいじゃなぁ~~~い?

ひさびさに草野せんせーの作品でつね。
けっこーふつーに楽しみでつ。


んでもって、さすがENAKさん!!
記者会見GRAPHつくってらっさいまつwww→コチラ
かっさんキレイスなー。
美人すなー。

おおーー!!
タニオカと蘭寿が並んどるーーー!!
なんだなんだ!?
TCAすぺさるか?!

あああーー、蘭寿が笑いながら眉毛下げてる~~・゚・(ノД`)・゚・
この顔だお!!
この顔を舞台でやると、蘭寿特有の情けない顔になるんだお!!
宙ではやるな!!
みちことかぶるぞ!!(爆)


主な配役もはぴょーされますた。
坂本竜馬 貴城けい
お竜 紫城るい
中岡慎太郎 大和悠河
一橋(徳川)慶喜 蘭寿とむ
わーー、まゆたん、徳川慶喜かぁー。
情けなさ顔炸裂の(゚∀゚)ヨカーン

  1. 2006/07/15(土) 02:18:50|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:7

たでーま(・∀・)ノ(アルバ青年館初見の感想)

青年館に向かう前、
「日焼けしちゃったから、馴染む色のメイキャップ一式がほしいのぉ」
とデパートの化粧品売り場に飛び込んだ。

「それでは、ゴールド+オレンジ系ではいかがでしょう」
ということで試しにフルで塗ってもらって、
仕上がりの笑っちゃうくらいのあまりの馴染みっぷりに、
美容部員のお姉さんとふたりで驚愕して、
「すごい!」
「これしか考えられないないですね!」
「ハマリすぎてる!」
とか言って2時間くらい戯れてたら、すっかり遅くなり、
某所からタクシー飛ばしたのはわんさんです(・∀・)ノ

運ちゃんに「日本青年館までお願いします!」って言ったら、
「今日は宝塚ですねー」と先手を封じられますたΣ( ̄ロ ̄∥

「タカラジェンヌの人もよく乗せますけど、
 みんなすっぴんはたいしたもんじゃありませんよー。
 お客さんの方が綺麗ですよー」
よしっ。
この乗せ上手っ(つーか、ひでえ/笑)。
だが、釣りはもらうぜ。
「でも、トップスターはやっぱり違いますね。
 トップスターの人は綺麗です」
なんでトップってわかるんだおーwww

【“たでーま(・∀・)ノ(アルバ青年館初見の感想)”の続きを読む】
  1. 2006/07/14(金) 22:31:37|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

サラッと蒸れなし報告

<携帯より>

全編コムロさんがトップになる以前の
「“羽が大きすぎてのろまで捕まりやすいアホウドリ”時代」の
作品からのナンバーづくし。

第一部はショーで、いろんな人がコムロさんのやった女役で
コムロさんに絡んだりしますた。


以下、ネタバレあり。

【“サラッと蒸れなし報告”の続きを読む】
  1. 2006/07/14(金) 19:48:27|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:3
前のページ 次のページ

FC2Ad

Powered by FCafe

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。