ロバみみ

王様の耳はロバの耳(・∀・)ノ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

東京『送られなかった手紙』楽再見

以前CSで放送された、
『送られなかった手紙』東京千秋楽を見ますた。
あのお芝居、しみじみ好きだにゃー。
作/演出は、今はもう引退なさった太田哲則先生です。

格調高い台詞。
皮肉で知的なジョーク。
快い緊張感をもたらす演出。

最下級生に至るまで活躍の場を与えた演出家の、
厳しくも、なんと愛情深いことよ。



残された映像を見るたびに、切なさといとおしさが増すのは、
その後、退団、組内でのポジションのアップ、娘役転向など、
さまざまな運命を辿った出演者たちが、
あの瞬間、懸命に芝居に打ち込んでいる姿が、
真摯で美しいからだろう。

えりこは、あれで役者として開眼したよなー。
巧まざる演技。
あの誠実さは、演じようと思って出せるものではない。
正々堂々と客席をまっすぐ向いての芝居は、
不器用だが素直に胸に響く。
(わんさんはどーも、山っ気のない芝居をする人が好きらしい)

日替わりで休演者が出るという、異常な公演だった。
ハードな日々を乗り越えてあいさつをするえりこの、
充実したというよりも、ほっとしきった顔が忘れられない。

うんうん、ホントにがんばった。
あなたはえらかった。
あの公演を経たからこそ、
ミルボンやエルコレ、メルキオールが出来たんだね……。
って、えりこにまともな役を~~~~~~~!!!!・゚・(ノД`)・゚・
あの子は出来る子なんや~~~~~~~~!!!・゚・(ノД`)・゚・


2004年2月──。

当時、中日・えりこバウ、そしてかしちゃんが他組への特出と
分かれた雪組っ子たちだったけど、
再び集結したときにはそれぞれ目を見張るように成長し、
コム雪組は新しい時代を迎えたと思います。


ところで、この映像でえりこ涙々のあいさつの後に
画面中央でいきなりスタンディングを始めた3人組を
ご確認いただけるでしょうか。

tck.jpg

あいつらは、名古屋で買った揃いの横じまセーターを着た、
“とん吉・ちん平・かん太”こと
あみ・ハマ・ちかでつ(笑)。※成績順ではなく力順

ちなみに、ちかりんは客席で号泣。
お約束(・∀・)ノ

ちなみにちなみに、トップさんはムラでお仕事でした。

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2006/05/27(土) 00:03:11|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

コメント

太田センセて引退したの!?∑( ´ Д `)
『送られなかった手紙』よあったよね~。
好きだったー。
あの皇太子の変な歌ワロス
この頃はまだえりたんは見てて不安な
時期でしたよNE(・∀・)

  1. 2006/05/28(日) 01:20:37 |
  2. URL |
  3. さく #-
  4. [ 編集]

☆さくさん

なんか、余裕で人んちにコメントしてますけど(爆)、
ブログ作ったってのどーした?(←まるきり私信)

そうそうそうそう壮一帆!
太田先生は、引退なさったのです。
今年の1月のタニるいバウが最後の作品だったのでつよ。
あれも、洒落てて、破滅的で、すんげーカッコかったから~。

『送られなかった手紙』、えがったよー。
『アメリカン・パイ』のソリチューでえりこをヤバイ!と思ってたんだけど、
「もし、カラスだったら……飛び疲れて……堕ちて死ぬかも……」
で、男としてほれました(はあ?)。
ギザカッコヨスだったお!!!

でもって、その後の皇太子の侍従で
ピンクライトでお盆持って横座りで大ブレイク!!
えりこファンは絶対抑えておくべき作品だおね!!<手紙
  1. 2006/05/28(日) 20:33:09 |
  2. URL |
  3. わん #GjNig3h.
  4. [ 編集]

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://robawan.blog42.fc2.com/tb.php/1023-6b1b9344
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。