ロバみみ

王様の耳はロバの耳(・∀・)ノ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

“堕天使”解説変更(・∀・;)ノ

公式の“堕天使”の解説が大幅に変わってますた(・∀・;)ノ
(昨日は『タランテラ!』も微妙に変更されてたよNA)
(「スペイン」とか「アマゾン」とか「カリブ」とか消えたw)

以下、全文引用。


 20世紀初頭のパリ。デカダンスと背徳の香りに満ち、文化の爛熟期を迎えたその街は、光の都ヴィル・リュミエールと呼ばれていた。夢と欲望の交錯する街・・・。悦楽と刺激を求める人々は、東洋の妖姫マタ・ハリの官能的な舞に酔い、バレエ・リュスのニジンスキーの超人的な踊りとエキゾティシズムに熱狂していた。
 そして今夜、仮装舞踏会で有名なミュザールの夜会では、呼び物のアトラクションであるダンススペクタキュラーが始まろうとしている。今回の作品のテーマは"地獄"。幕が上がると、人々の目は主役の"地獄のルシファー"を踊るダンサーの姿に釘付けになり、その悪魔的な魅力の虜になる。そのダンサーは、ロシアから来たばかりだと紹介されるが、素性には謎めいた部分が多く、彼は"自分は地獄からの旅人だ"と言って人々をからかう。そして、その場に居合わせた、いつもスキャンダラスな話題を振り撒いて世間を騒がせる新進気鋭の振付家、ジャン=ポールに、自分の館を訪ねて来るようにと言い残して去って行く。
 翌日、約束通り、深い森の奥にある城館を訪ねたジャン=ポールは、その館のただならぬ雰囲気と、昨夜のダンサーの神秘的な佇まいに当惑を覚える。彼はジャン=ポールに、自分の為に"地獄の舞踏会"という作品を創ってほしいと依頼する。そして、自分は地獄から人間界に現われた堕天使ルシファーだと告げる。ジャン=ポールは、目の前に起っている出来事に半信半疑であるが、ルシファーと名乗るその男の踊る姿に次第に魅せられていく。彼の踊りを創りたいという芸術家としての野心を抑えることができないジャン=ポールは、ルシファーに誘われるままに、その仕事を引き受ける。
 そして"地獄の舞踏会"のリハーサルが始まる。その作品に関わる様々な人々、踊り子、芸術家、パトロン、それぞれの人間の本能と欲望が、ルシファーの誘いによって赤裸々になっていく。他人を傷つけ、身勝手で、卑劣で、心弱い人間たち。
 その人間の愚かさを冷笑し、人間を愛した神への呪いの言葉を放つルシファーであったが・・・。堕天使ルシファー、彼こそ、かつては"光の天使"と呼ばれ、天上界で最も美しく神に愛された存在だったのだ。愛が憎しみに変わった時、その思いはどこに行くのか?深い孤独をかかえ人間界を彷徨うルシファーが、最後に見つけるものは・・・。
 この公演をもって朝海ひかる、舞風りらが退団する。
「悪魔的な魅力」を持った「"地獄のルシファー"を踊るダンサー」が、のりこだろ?
「いつもスキャンダラスな話題を振り撒いて世間を騒がせる新進気鋭の振付家、
ジャン=ポール」が、ちかりんだろ?

んで、のりこがちかに
「自分の館を訪ねて来るように」って誘うんだろ?

んで、ちかは、のりこの「踊る姿に次第に魅せられていく」わけだな?

「(のりこの)踊りを創りたい」ちかりんは、
のりこに「誘われるままに、その仕事を引き受ける」んだな?


をいをいをいをい!!
あんだよ!!
コム×ちかかよ!!(←安易に掛け算にしない!!>わんさん)

すぐ誘わない!!>のりこ
すぐ魅せられない!!>ちか
ったく、おめーらはよおぉーーー!!・゚・(ノД`)・゚・

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2006/06/30(金) 07:15:22|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

コメント



…最後もやってくれそうですねぇ(●´∇`●)

コム×ちか♪

美南もわんさんと全く同じ考えです《笑》

  1. 2006/06/30(金) 10:42:32 |
  2. URL |
  3. 美南 #FiPkFC0s
  4. [ 編集]

写真といい解説といい期待大ですね~☆
あの写真たまらんです。コムさんの堕天使的な笑みと、まーちゃんのギリシャ彫刻のような美しさ。

解説の感じではわんさんのおっしゃる通りコム×ちかが堪能できそう。いい!!むふふ、楽しみ♪
でも…この解説だけではまーちゃんの所在がつかめない(・∀・;)ま、まーちゃんはコムさんとどう関わってくるんでしょうか…タカハナのように最後までラブラブでいってくれ!とはいわないけど、コム×まーの絡みもいいものであってほしいなぁ…
  1. 2006/06/30(金) 11:51:52 |
  2. URL |
  3. 朝海雪 #SARTFEJg
  4. [ 編集]

私も参加させてくださいね。東洋の妖姫は五峰さん、ニジンスキーは凰稀かなめちゃん、まーちゃんは実は光の天使が姿を変えた女性。ルシファーに一粒の涙と共に本当の自分を思い出させる役割でやってきたか、生まれた。そして光の世界へ二人で帰る・・宝塚だし、景子先生だし、二人のラストだし・・・なーーんて想像しました。楽しみで爆発しそうです(笑)
  1. 2006/06/30(金) 22:36:48 |
  2. URL |
  3. 匿ちゃん #-
  4. [ 編集]

☆美南さん

いかんせん、ちかがたやすくコムロに堕ちすぎでつヽ(´ー`)ノ
もうちょっと踏ん張るように、お伝えくださいwww



☆朝海雪さん

あの画像と、あの解説に、
うまく乗せられてまつよね~~~、私たち~~~。
期待するなっちゅー方が無理(´・ω・`)

挑むような力強い目線の堕天使のりたんと、
空虚な瞳のまーちゃん。
(まーちゃんは人間でつかねぇ?)
その対比がいいでつなーーーーー。

ラブラブは難しいかもしんないですけど(爆)、
まーちゃんも見せ場と出番がたっぷりあってほすぃなぁ
と思いますでつ。



☆匿ちゃん

おひさしぶりでぇ~~~~つ(・∀・)ノ

マタ・ハリ=五峰姉さんは、いいでつねぇ。
それだけでも一見の価値があるって感じでつ。
んで、ちゃんと史実どおり、女スパイだったりしたら
かっちょええなあ~~~~~・:*:・(*´∀`*)ウットリ・:*:・

コムロさんに心を入れ替えさせる女性にまーたん、賛成(笑)。
  1. 2006/07/01(土) 14:54:32 |
  2. URL |
  3. わん #GjNig3h.
  4. [ 編集]

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://robawan.blog42.fc2.com/tb.php/1164-fb6e8524
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。