ロバみみ

王様の耳はロバの耳(・∀・)ノ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

オーロかマールか

『アルバトロス、南へ』
まさに、「朝海ひかるの玉手箱や~~~」なこの作品。

純コムファンなら、懐かしくて嬉しくて、
いろんなコムさんが見られて、涙ちょちょ切れ確実なんだけど、
ひとつの作品として見た場合、
休憩を挟んでの前・後編のバランスが悪いし、
あれもこれもと盛り込みすぎて平板だし、
一般的にはどーなんだろと少々感じた初日でした。

確かにコムロさんのダンスはすげーし、
オギーの演出センスもただならないし、
かなりな秀作であることは確かであるのだが……。
私が客観的すぎで贅沢すぎるのだろーか。

ま、とにかく、「さよならイベント」としては
超・超・超・超・超サイコーーーであることには間違いない。


さて、そんな中、
ノバのシーンでコムロさんはオーロじゃなくて
マールなんじゃないかというご意見があるようです。
わんさんは、なんの迷いも無くオーロだと思ってますたが、
どうしてそう思うのか聞かれたので以下解説。

※注:激しくネタバレ。



キム・タムジーがヴィーナス像にキスをしたら
ハマコ・メール夫人が登場してタンゴを踊ったり、
ルドルフ風コムとアンナ風マコが道ならぬ恋に苦悩する、
これ全編コムロ出演作品のパラレルワールド。

ノバのところはこうです。↓

手を取り歩く恋人たち(キム・マールとちぃ・ブリーザ)とすれ違うコム・オーロ。
オーロに惹かれるブリーザ。
嫉妬に狂うマールとの激しい三角関係のダンス。
自分の身体の命ずるままに行きずりの男・オーロを選び、
その胸に飛び込もうとするブリーザ。
ここまでは一緒な感じの設定。

本当だったら、マールがオーロを殺そうとして
誤ってブリーザを刺すところですが、
次の手錠ダンスbyコムたんに繋げるためには、
コムロさんが犯罪者となり逮捕される必要があります。

このため、ここではブリーザがオーロに抱きついた瞬間、
オーロの手にしたナイフに偶然身体を貫かれて絶命する
という展開になっているのです。

ブリーザを刺しちゃうのがコムロさんなので、
ちょっとわかりにくいのかなと思いますが、
簡潔に言うと、ブリーザはマールではなくオーロを選ぶのです。
そーゆーことで、あのシーンは、
コムロさんはマールではなく、オーロ。

観念的な視点では、そもそもこの作品においてコムロさんは、
定住する地を持たない常に南を目指す者。
ゆえにマールにはなりえないとも申せましょう。


以上。

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2006/07/15(土) 21:00:30|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:6

コメント

はじめまして!ベルばらでようやくコムちゃんの存在に気付いた超初心者ファンです。
いつも楽しく拝読させていただいています。
私も今日、アルバトロス行ってきました!…で、そうなんです、わんさんのおっしゃる通り、一般的(初心者的)には、よく理解できない箇所(お芝居の流れ)があって少々残念でした。
やっぱりさよならショーなわけですから、これまでの作品映像チェックしておかないといけなかったですね。

でも、コムちゃんの儚げで美しいダンスを堪能できたのは大満足です!今日は出演の女役さん(名前すらわからず…汗)の方のバースデイだったそうで、その話題で盛り上がってましたよ。
それにしても、パンフ見ても実物みても今のコムちゃんって細すぎ…。
でも、わんさんの「ほっぺが戻った?」で、ちょっと安心しました。

  1. 2006/07/15(土) 23:32:17 |
  2. URL |
  3. じゅんじゅん #5gGdBv2s
  4. [ 編集]

こんばんは。
はあああ……すごく的確な考察に興奮してしまいました。
同じくブログを書くものとして、完敗です(いや、勝負されても)
ブリーザはオーロを「選ぶ」のですね。
マールにはなり得ないって、確かにその通りですね。
なるほどと得心しました。今日また観てまいります(My楽ですわ)
コムロさんはオーロになっても結局かつての自分を殺してしまうのかぁ…

あと、関連記事とは別の記事からトラバを飛ばしてしまいました。
申し訳ありません。
  1. 2006/07/16(日) 05:54:25 |
  2. URL |
  3. Rubin #2f0/G2Oo
  4. [ 編集]

☆じゅんじゅんさん

はじめますて(・∀・)ノ
書き込みありがとうございまつ(・∀・)ノ

“ベルばら”で堕ちたばかりで、
チケット入手困難の“アルバトロス”を
ご覧になれたとはラッキーでしたねぇ~~~♪
おめでとうござりまするwww

わんさんも、この公演に関してはポスター以外の
一切の前情報を入れずに見たのですが、
あれほど「さよならショー」になっているとは(笑)。
思い入れたっぷりのファンと、そうでない観客との温度差が
激しくなる作品ではないのかなーと思います。

コムロさんのダンスはすごかったっすねー。
あれは一見の……いや、百見の価値がありますね。



☆Rubinさん

こちらからは、該当記事にトラバ飛ばしておきましたwww

わんさんは、どうしてRubinさんがオーロかマールで悩むのかが
逆にわからないほど、まったくマールには見えませんですた。
ブリーザという少女は、「オーロを選んだ」から死ぬんだお。
すごく簡単な理由でした。

“アルバ”では、コムロさん自身の女装はなく、
ことごとく過去の自分を相手役にしていて違和感なく、
男役としての成長を見せ付けてくれますたなー。
(ルドルフは私的には違和感ありありですた)
(老けルドwと黄泉の帝王でなくあくまでも悪魔的なトート)
(あれじゃあメフィストフェレスとファウスト博士だwww)
  1. 2006/07/16(日) 13:01:46 |
  2. URL |
  3. わん #GjNig3h.
  4. [ 編集]

昨日観たとき、「今日こそは気付くぞ!」と思いながらも
その場面に来たとき
「もーいいや、ソロンゴに浸れるのは今だけだし」と思い直して
何も考えずに集中してたら
「あー、迷いようないじゃん!」って思いましたよ。

でもちょっと考えると
なんかマールに見えちゃうんですよ。・゚・(ノД`)・゚・。
えーんなんでー!?
と、ぐるぐる惑って
結局最後に残った印象は
「アマセをあんなに軽々と姫抱っこして歩けるハマコはすごくてつよい」
……阿呆すぎます。退場しますorz
いろいろ説明してくださってありがとうございました。

ファウストは月組のを全く知らないので
ゲーテの方のファウスト博士が浮かんでしまいました。
えーっ、こむろさんそれじゃ老けすぎw
キムトートは凄く無垢であれはあれでくすぐられます(いいから退場しろ)
  1. 2006/07/17(月) 12:30:00 |
  2. URL |
  3. Rubin@阿呆鳥 #2f0/G2Oo
  4. [ 編集]

首なしニケのsunです!(何か、ずれました?)

わ、わんさん・・?妄想族の集まりはここですか?
アテクシも参加しちゃいます・・・。

マールとオーロ。
私は単純に、青年がオーロとしてその街に戻り、かつてマールだった自分を思い出すみたいな。
刺す瞬間を堺に、オーロとマールの両方ではないかと、
村○春樹さんの小説風に捉えております。(伏字の意味はあるのだろうか~?)

この調子で、楽まで白熱しましょうよ~駄々っ子。
さよなら臭漂うこの公演を、もっとチカラを抜いて見たいです。
もうね、ガチガチ過ぎてる自分に爆笑なんですわ。

笑いたい時は、全ツを思い出せばよいですか?(さいたま公演観覧観劇)
  1. 2006/07/17(月) 12:58:05 |
  2. URL |
  3. 名も無きヘンタイ #-
  4. [ 編集]

☆Rubinさん

今日、思い直しまして、
結局オーロでもマールでもソールでもないんじゃないかと(爆)。
記事で書いてることをコメントで
ひっくり返す暴挙に、ここに出ます(爆)。

ちぃも、別にブリーザじゃないし、
キムも、別にマールじゃない。
だってこれは、『ノバ・ボサ・ノバ』ではないんだもん(ばっさり)。

コムロさんは、あれは単なる“アルバトロス1号”です。
『ノバ・ボサ・ノバ』の登場人物をイメージさせる扮装と演技をした
“アルバトロス1号”です。
以上終了(爆)(爆)(爆)。

まあね、これも明日には変わっている見解かもしれませんがね(爆)。
(つーか、爆音がしすぎですNE)

ファウストは、月組ではなく、
もとよりゲーテのつもりでしたがなにか……ヽ(´ー`)ノ



☆名も無きヘンタイさん

てゆーか、サモトラケのsunさん(爆)。
うちでは、無記名で投稿するとデフォルトで
「名も無きヘンタイ」さんになっていただく仕様に
なっておりますので、お気をつけくださいwww

そんな駄々っ子なsunさんには、オーロかマールかというよりも、
もっとご馳走をご用意しときましたのでご賞味ください。
こちらですね。→「んで結局、なにがどーなのさ。」
http://robawan.blog42.fc2.com/blog-entry-1233.html

黒い服のマコたんは誰なのか。
キムは過去のコムたんなのか。
ハマコが捕まえたといっている“アルバトロス”は誰なのか。
間の3部とプロローグとエピローグはどういう
つながりなのか……。悩んでみてください。
  1. 2006/07/18(火) 21:13:25 |
  2. URL |
  3. わん #GjNig3h.
  4. [ 編集]

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://robawan.blog42.fc2.com/tb.php/1224-dc65d438
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「アルバトロス、南へ」2回目(青年館スペシャル)

あんまり書くことなくない?(訊くな) 本当にスペシャルで。 本当に濃密で。 朝海さんは力強くて。 男であり、女であり。 でも両性的ってんじゃなくて、 男のストイックさと女のストイックさが両方あるって感じ。 彼女の目線は、私が見ているものよりも遥か高くを見てい
  1. 2006/07/16(日) 05:38:49 |
  2. Eljen*SnowTroupe!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。