ロバみみ

王様の耳はロバの耳(・∀・)ノ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アルバ青年の主張5

アルバ青年の主張、第5回。
今宵の若者は、なかなか柔軟な思考回路の持ち主のようです──。


私は7/15の11時を1回観ただけなので、
勘違いも多いと思いますが、
私が観ていて受けた印象では、コムちゃんとマコちゃんが恋人で、
ケイちゃんはコムちゃんの若かりし頃の姿だと思いました。
うんうん、わんさんもそう感じますた。

そして物語の方はヒメが現代で、
マコちゃん、ゆめみちゃん、いづるんとのお芝居は、
コムちゃんの前世の姿なのかなと漠然と思っていました。
だから現代のコムちゃんが最後に立ち去る時に、
前世の女達が佇んでいるのだと思っていました。
うぬ、“前世物語を現世でサンドウィッチ作戦”でつね?
するってーと、コムロさんは「同一人物」なわけで、
最後の場面で女たちは同じコムロさんを思っているんでつかね。

でも、わんさんの感想等を読んで、
ケイちゃんの件だけは別の考えが浮かびました。

マコちゃんが最初に「あの人を探して」と言っていますから、
マコちゃんとコムちゃんは恋人だったのかなと思います。

そしてケイちゃんはコムちゃんとは関係無く、
単にコムちゃんの過去の姿と重ねているだけではないでしょうか。
だからハマコさんが「革命家気取りの殺人者を逮捕した」というのは、
ケイちゃんの事ではないかと思います。

そうじゃないと「あの人を探して」と言っている女性が
死んでいるのは、おかしいですよね。
おぉー、新説でつね(・∀・)ノ
タイーホされたアルバトロスは
コムロさんと同一次元に生きているキムちゃんで、
キムちゃんとコムロさんは別人であると。

ここはコムちゃんの恋人はマコちゃんで、
その恋人と面差しの似た女性(マコ)と革命家の男(ケイ)の出来事は、
若い頃のコムちゃんの出来事と似ているということで、
ケイちゃんは恋人(肉親?)を誤って殺してしまいますが、
コムちゃんは彼女を殺したと思いこんで姿を消したけど、
実は彼女は死んではいなくて、
その事を知らせたくってマコちゃんはコムちゃんを
探しているのではないでしょうか。
しかも、黒い服のマコちゃんも実は2役であると!
んでもって、冒頭のマコちゃんは、
コムロさんが誤って手にかけてしまったと思い込んでいるだけで、
実は死んでいないんだと!!

なるほどー。そうだとすれば、
マコちゃんの冒頭の「あの人を探して」の台詞も
しごく素直に日本語が通じます(笑)。
すばらしく斬新な解釈でつねぇ~~~。

コムロさんは、ハマコが追っていた“アルバトロス”ではないと。
彼はホントは“ウミツバメ”だったのでしょうかね……。

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2006/07/28(金) 21:29:39|
  2. アルバ青年の主張
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://robawan.blog42.fc2.com/tb.php/1260-f84ca08c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。