ロバみみ

王様の耳はロバの耳(・∀・)ノ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アルバ青年の主張16

アルバ青年の主張──
まだまだ続くよ~~~♪♪♪
ごーあへ~っわんだ~ら~ん♪♪♪
いつお~ら~い♪♪♪

まさえ+えりキムの銀橋渡り、
かーいかったよなーーー(主にまさえが!!)。<ワンダーランド
えりことキムがさ~、
ときどきすっげー変なかつら被って出てきたりしたおね。
前髪ぱっつんとかね。

えりこって、花組行ったら芸風変えるのかなぁ……。
なんて考えたら、ちょっと寂しくなりました(´・ω・`)

そうそうそうそう壮一帆。
そんでもって、「アルバ青年の主張」は、
まだまだ続くのです──。


朝海さんの事が書いてある所は、いつもにやにやしながら読んでいて、同居人さんに呆れられていて。読むだけのつもりでいたのがついに・・
コムロさん記事に関しては、
「にやにや」読んでいらっさる方が多いようでつね(・∀・)ノ
歓迎でつお(・∀・)ノ
うふっ(・∀・)ノ(←きめぇ)

アルバトロスは1度しか観られないとわかっていたので(決めていたので)、わんさんの仰せの通り、出来る限りの予習をしていったのですが、見終わって一番に感じたことは
「私、12月25日以降も雪組を観る!!」
でした。そしてそれ以外、思考が進みません。
だから、私のは「青年の主張」になっていないのかもしれません・・・先にm(_ _)m
お、予習をしていらしたのですね。
いかがでしたでしょうか。
お話自体はわかりづらいものでは決してないのですが、
あらかじめ展開を知っていると、
次はこう来るという心構えが出来て落ち着いて見られる
という効果があるのではないかと思いますたお。

観劇後、私の心を占めたのは
「なんて愛にあふれた舞台なんだろう。」
という想いで、次にに浮かんだのは
「この作品は、内容が出来てから出演者が決まったのか、
 出演者が決まってから内容が固まったのか?」
という疑問でした。
それほどに6人の共演者の役所が、それぞれの位置(朝海さんへの立場というか・・)にぴったりとはまっているように感じて。あの舞台で6人が受け持っている役が、そのまま、その人の朝海さんへの想いのようで。さらに、朝海さんの役も、朝海さんのそれぞれへの思いのようで。
そう思わせるところが、さすがオギーでつよね~。
わんさんは、「すぐに捕まるとろい鳥:でも勇壮に飛べる鳥:アホウドリ
=コムちゃん」という作品の骨格が先に出来ていて、
共演者を選出して、その出演者に合わせて肉をつけていったように感じました。
ホントにみんな、ぴったりでしたよね……・゚・(ノД`)・゚・
それぞれのファンの方も、「この人のこんな面が見たかった」
という願いが叶ったのではないかなーと思いました。

結局、朝海さんの、共演者達への深い想いの中へ引っ張り込まれて、「来年からはあまり観ないかも・・」と思っていたのが、「この6人が頑張っている間は雪組を応援しなくちゃ」に気持ちを変えられてしまいました。
いやー、朝海さん、すげー壮大なお仕事中ですよね。
時代のバトンタッチっていう。

コムちゃんが、「自分が卒業した後の雪組をよろしく」って言うから
見に行かなくちゃと思うコムファンって、少なくないはずでつよね。
残る人たちは、そういうコムちゃんの想いに報いるような、
ファンをがっかりさせないような雪組にしていかなくちゃいけない。

だから、コムちゃんの言葉って、優しいようで
厳しさも秘めているよなーと、
今、わんさんは冷静に思ったりしています。

がんばれよー、雪組っ子たち~~~☆ミ

これではまったくもって「ツボ」や「解釈」になっていませんね。でも、あの作品は、朝海さんが雪組でトップになり、トップで居続けた時間を、組子として支え続けてきてくれた人達への「感謝」と、その人達との直接の「別れの儀式」のように私には思えるのです。だから舞風さんが出演者の中に入っていなかったのだと。

本当は、心の奥底では、もっといろんな解釈をしている気がするのですが、自分で自分の心にバリヤーを張っているようで、今はこんな感想です。

わんさんの趣旨に反する内容になってしまった気がしますが、せっかく勇気を出して書いたので(大げさな… ^^;)とりあえず読んでやってください。
「心にバリアー」って、なんとなくわかるような気がします。
本当にこれ以上望むべくもないほどのいい作品だったけど、
いろんな思いが溢れすぎて、胸が詰まりそうでした。
何年したら、平静に見られる日が来るんでしょうかね。

勇気を出してのメール、ありがとうございました。
大事に読ませていただきました。
12月24日まで、一緒にコムロさんの姿を見続けて行きましょう。

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2006/08/21(月) 21:25:38|
  2. アルバ青年の主張
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

バウ千秋楽の 「・・・(そうだ) そのあとの雪組もどうぞよろしく。」と(とても自然に、あたりまえのように)言ったコムロさんの言葉にヤラレた、と思いました。だってコムちゃんと共にヅカ卒業を決めていた私なのに・・・。
雪組観にいかなくちゃ、と思わされたもの。
でも、コムちゃんが緊張でいっぱいになりながらこなした「Joyful!!」 ・・・。Ⅱとはいえ、冷静に観れるかな(・。・)

それにしても自分のことはさっと横に置いて、他者を押し上げる事のできるコムちゃんってやっぱ、誇れる!!
愛しいーーーーー!!!!!

次期雪組への布石ってGRAPHでもありましたよね。
熱烈対談での轟さんと水さん、今月号の(思いがけなく)ゆみこさんとコムちゃん。最後に「雪組をよろしくね。」とコムちゃん。
ああぁ、劇団にもやられちゃったな~。
  1. 2006/08/21(月) 23:12:46 |
  2. URL |
  3. オリーブ #-
  4. [ 編集]

☆オリーブさん

今コムロさんは、雪組の大宣伝部長でつよね(・∀・)ノ
ホントに、切り替えがすばらしい。
わんさんも、コムロとオギーにやられっぱなしなんですけどw
<参考>
http://robawan.blog42.fc2.com/blog-entry-1308.html
http://robawan.blog42.fc2.com/blog-entry-1295.html

でもねー、わんさんヅカファン暦短くないので実体験に基づくと、
正直、トップのファンだった場合、
さよなら公演後、組ファンでいられるのって、
せいぜいそのトップの残り香のあるうちなんですよねぇ。
一応、「わんさんの場合」とつけたしときますけど……。

なんで、コムロさんがいくらそんなこと言っても、
あまり心動かされないようになりつつある今日この頃です。
コム欠が大いに作用しているのかもしれませんし、
いつひっくり返るかもわからないですが……。

“堕天使”の大劇場の一般売も始まって、
寂しすぎる今日この頃です……・゚・(´Д⊂ヽ・゚・

『GRAPH』、ちら見しますたお。
そんな立派なこと言ってるコムロさんの胸がガバ開きでしたね(・∀・)ノ
あれはお色気作戦に違いなす!!!
  1. 2006/08/26(土) 10:53:05 |
  2. URL |
  3. わん #GjNig3h.
  4. [ 編集]

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://robawan.blog42.fc2.com/tb.php/1373-9c0b1280
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。