ロバみみ

王様の耳はロバの耳(・∀・)ノ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

TCAすぺさる2006中継の感想(3)

中途半端になっちゃってるんで、続きを打っておこう。
これ終わんないと、次に行けない。
TCAすぺさる中継の感想。はて、どこまで行ったっけ?

あ、そうそうそうそう壮一帆。
村の青年団が花嫁募集中のダンスを踊り、
“白い暴走特急が”シャバダバシャバダバ怪音を上げて走りぬけ、
「かしタニまんせー(・∀・)ノ」って、わんさんが叫んだところまでです。

えーっと、プログラム、プログラム……。

一部の最後は、理事のコーナーです。



■専科

この日、ちょっとメイクが変だったにゃー。つり目に描きすぎ。
お顔のリフトアップ効果を狙ってたのかしらね。

わたコムが退団を発表し、トップが板についてきたあさこ、
とうこ・ちか・タニなどが輝きを増している中、
理事が世代を画して見えましたなー。
もっと出番を減らした方が、ありがたみも出るのになーと思う。

あすかたんは、コパの黒塗りがカリスマ的な美女だったんだけど、
普通の化粧に戻ったら普通のあすかたんだった(笑)。
とうことの並びはやはりデカイと感じたが、
才能ある人なので、芸でカバーしてくれることを期待。



第2部

■プロローグ


2番手が仕切って、ちょい懐かし目の曲を。
タニオカの『ハイパー・ステージ!』でどんなに
驚かせてくれるかと期待していたのですが、歌なし。
ひたすら踊って、「ハイパー・ステージ!ハイパー・ステージ!」
って掛け声かけるだけ……。つまんなぁーい(´・ω・`)
でもまあ、2003年の『スターダスト・パーティ』に続き、
今年は『スキャット』ちう新たなる伝説を作ったのでよし。

『Joyful!!』をねー、みんなで客席下りで歌って盛り上がりますた。

♪Joyful Joyful 今日ーの夢にー 傷つきやーぶれてもー
♪太陽は手をー伸ばし 微笑んでーみーつーめーてーる
♪くよくよしー にーげてーもー なんにもかーわーらーなーい
♪さあ! 自分信じてーみよーう きっと輝くよ

本公演ではそれほど感じなかったのですが(笑)、
明日を生きる力をくれるいい曲だなーって、初めて思った。
ハマコ並みに馬鹿でかい声を上げてる人がいて、
「一体 誰だ~~~っ?!」って発生源を探したら
なんとちえでした……Σ( ̄ロ ̄∥
すてきだ……www

MCは、とうこオネエちゃんが、頑張って仕切ってました。
『ザ・ビューティーズ』を踊った(※『ハイパー~』のタニオカといい、
決して歌わせない辺り、演出家の配慮が見えますた(・∀・)ノ)ちかりんが、
同時上演のお芝居はなんだったかと聞かれて、
『あさきゆめみし』ですって言ったら、即座にとうこちゃんに、
「明石の上やってたよねぇっ!」って指差されて、
「ふれないでくださいっ(汗)」
って手で止めて後ずさりしたのに、中継会場も爆笑でしたお。
いつでもきっちりオチキャラな水夏希さんヽ(´ー`)ノ



■カップル交換コーナー

『うたかたの恋』コムるい

あのイントロが流れ、階段上に白い軍服のコムロが登場した瞬間、
会場中が息を呑み、じわが来ました。
 ※じわ……演劇用語。張り詰めた濃密な芝居やクライマックスの
  直後などに客席から起こるじわじわとした低いざわめき。

ものすごく……綺麗だった。
綺麗っていうか……イっちゃってた。
乱れひとつなく、きっちり着込んだ白い軍服。
肩、腕、胴、脚の直線的なライン。
男役の軍服姿の、あまりにも見事な見本。
完璧すぎだ。人形みたいに。
人間だったら、神経質すぎだ。

削げきった頬。苦しげな眉間の皺。
艶のない顔の中で鈍く光る目──。
どどどどどどーーーーーーしちゃったのΣ( ̄ロ ̄∥
どーしてそんな、やったらおっそろしい顔なのΣ( ̄ロ ̄∥

なんかね、完璧に神経病んでますって顔でしたお。
前後のお話なんか全く無いのに、出てきた瞬間からルドルフでした。
「来週の月曜日、狩に行って……一緒に死のう」
ってゆってますた(・∀・)ノ
あれ、ほんとヤバイヤバイヤバイ!!!!!!

るいるいは、舞踏会のところの、あまり裾の広がっていないピンクのドレス。
んー、まあ、可愛かったけど、デカかったですね(笑)。
縦も横も、コムロさんの3倍あった(ウソつくなて)。

つーか、コムロさんがやばかった。
あまりにも美しくて、繊細すぎて、恐ろしかったでつ・゚・(ノД`)・゚・


『Night And Day』わたまー

わたまー!!男と女!!

あーん、わたるぅ~~~!!(・∀・)イイ!!
男の不器用さと可愛さを備えちょる。
この人の無理のないナチュラルな男らしさは、
相手役を自然に可愛く見せるよなぁー。

そして、“ザ・娘役”のまーちゃん。
カスミ草のように控えめだけど、真ん中を輝かせるよなぁー。
すばらすぃなぁ。大好きだなぁ。

すげーよー。いいよーー、このコンビ。
似合う似合う似合うーーーーーー。
大きさがあまりにも違うところさえもいい。

この曲は、『風と共に去りぬ』のフィナーレで、
バトラー船長とスカーレットが踊る小粋なナンバーなんですけど、
まーちゃんが、顎を引いて上目遣いにちょっと睨んで、
わたるが「こりゃまいったな」みたいに肩をすくめて、
ああーー、もう、安心するーーー!!このコンビーー!!!


『エル・アモール』セナとな

このふたりも、お似合いじゃーん(・∀・)ノ
あさこは白くて立派なマタドールのお衣裳。
となみは赤いドレス。スパニーッシュ♪

あさこちんは、への字口と眉間のしわ炸裂。
“悩める青年”ってのがピッタリすぎでつ。
芸風が“受”なんだとおも。
やっぱ、あさおさだよなぁー(突然)。
攻めエロの雅子と、きっちり受けるあさこ。
離しちゃったから、雅子は溶けすぎで流れすぎで困ります。
(話がそれすぎて困ります>わんさん)

となみがしっとりした人妻風味+ブルジョアチックで、
雰囲気に合っていましたねー。


『ME AND MY GIRL』かしかな

かっさん、ほっそーーーΣ( ̄ロ ̄∥
衣裳がダブダブだよぅ。

似合うか似合わないかと聞かれれば、
それぞれのお相手役よりは似合っていたかなと(苦笑)。
まあ、かわいいかなぁという感じで(逃走)。



もーやだぁー。
あまりにも長くなっちゃったので、やっぱり分けます_| ̄|○
というわけで、「つづく」。

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2006/09/06(水) 23:50:21|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

コメント

わんさん、初めますて!
私もライブ中継組ですた。
TCAすぺさるを生で観劇した友人からの情報ですと、
トップみんなで銀橋渡る時、コムちゃんはかしちゃんを
振り返って気にしてあげてたそうですよ~。

そして、『うたかたの恋』では、るいちゃんと手を繋いで
下手に捌けてから袖に入る時、るいちゃんをさっとエスコート
して先に行かせたんですって~~。

コムちゃん!素敵過ぎ~~~♪

  1. 2006/09/07(木) 01:06:58 |
  2. URL |
  3. コクリコ #-
  4. [ 編集]

またまた失礼致しまするー。m(__)m

この時コムちゃんはかしちゃんの退団知ってんだろうか・・・?
  1. 2006/09/07(木) 01:16:36 |
  2. URL |
  3. コクリコ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://robawan.blog42.fc2.com/tb.php/1435-0565e8b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。