ロバみみ

王様の耳はロバの耳(・∀・)ノ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

タランテラ!マークを作ってたみた

だって、こんなところがあったから。→オフィシャル・シール・ジェネレーター

tarantella.gif

マークの上下に入るテキストを打って、
フォントと、枠の模様と、中のエンブレムを選び、
配色を調整して“GO”するとマークの出来上がり。

こーゆーのが結構好きで、
やりはじめたらハマってしまいますたw
楽しい~~~ん♪


ところで“メメント・モリ”──



ペガ子タレコミをいただいたのと時を同じくして、
「『タランテラ!』の主題歌のタイトルがメメント・モリ」
というメールも受信しました。

すっごい記憶の底にその言葉はあって、
なんだっけなーと思いつつ、
「死者を蘇らせる呪文だっけ?」
とかあやふやに返したんですけど、帰宅して調べたら全然違った。

“メメント・モリ -Memento mori-”は、
「死を想え」または「死を忘れるな」という意味の、
ラテン語のキリスト教色の強い言葉。
あー、そーだったっけ……。→Wiki

ペストが蔓延し、死がそこらじゅうに溢れていた中世ヨーロッパでは、
「どーせ人間なんて死んじゃうんだから、
 ムキになって努力しないで、気楽に生きようや」
みたいな投げやり感たっぷりに吐かれていた言葉。


日本では主に、オカルトとかサブカル方面で流通しています。

デビューの頃は、宝塚にそういうテイストを取り入れるのは
なかなか毒が効いてて面白いなと思ったものだけれど、
最近は同じヲタク的要素をバックグラウンドに持つ者としては、
お手軽すぎて、なんだかなあと思ったりします。
オンナコドモが簡単に食いつく餌をばら撒いてるような気がする。

オギー作品はワンパターンで、
伝わる痛さも同じもんばっかで疲れるんだけど、
でも、舞台上に表現されるものは視覚的にも聴覚的にも美しく、
やっぱり惹かれちゃうからまた癪に障る(笑)。

“メメント・モリ”が使われていることにつきましては、
「ホントもう、オギーいい加減にせーや」と鼻で笑っちゃって、
「楽しみは楽しみだよね、ふん」、とか斜めに構えている
ひねくれ気味のわんさんです。あはははは~ヽ(´ー`)ノ

コムロ蜘蛛の周りで、人がバッタバッタと死んでいくのかしら。
ちかりんなんて、喜んで死にそうwww

もう1週間足らずで、最後の公演が始まってしまう。
寂しいなぁ……。



<関連>
●『堕天使の涙/タランテラ!』ピアノサウンドコレクション(TCA)
●タランテラ!(Tassi of the Day)
9/22から始まる公演の録音を、今頃やるんですねー( ̄∇ ̄;)

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2006/09/17(日) 01:37:59|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://robawan.blog42.fc2.com/tb.php/1481-f947c40e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。