ロバみみ

王様の耳はロバの耳(・∀・)ノ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

5回目の感想

お茶会明けでファンもいっぱい、
おまけにかしちゃんも前方席で見守る中、
今日もコムロさんは力の限りを出し尽くしていました。

 ※演劇評論家でもない一ブロガーの感想を作品の絶対評価と決め付ける方、
  甘口感想を期待する方は、即時撤退することをオススメします。



芝居では、ルシファーの居方が固まって来た感じがする。
前半は悪魔的に、後半は神の愛を求め彷徨ううち、
人間という不完全な存在の暖かみを知る迷える天使に。
作品の意図に沿うとこうなるんだろうけど、

「神、神ってうぜーんだよ!
 頭抱えてうずくまってないでシャンと立って、
 さっさとひとりで歩け!!」

と、イライラするわんさんは鬼ですかそーですか。
もうこの手の一昔前の“コムちゃんキャラ”は辛い。
悩み自体が、母の愛に飢えてるジャンPと
同レベルなところがどーにもなぁ……。
んー、やっぱふつーに芝居として面白くないわ。この作品(爆)。

まさえは、初日からかなり出来上がっていましたが、
ルシファーがどんどん“人間”臭くなって来るのに逆行して、
すでに“神”の域に近付いてます(笑)。
白いよ~。白く発光してるよ~。


ショーは、あのオギーらしく、どーしようもなくひとりよがりな作品世界の中で、
朝海ひかるがこれまで培って来た
“宝塚の男役の美学”を開花させています。
マタドールの姿勢のひとつひとつと、随所に見られる背中の美しさに顕著。

適材適所な人員配置の妙と、趣向を凝らした出し入れは、
さすがはオギーとうなるものがあります。

しかし、まだ初見の人が多い公演終了後の客席の言葉に耳を傾けると、
「フィナーレは普通の方が好き」
「場面ごとの境目がはっきりしてなくて分かりづらい」
という声が聞こえて来ます。
んー、ホントにそのとおりで、回数を重ねると
「次はあれが来るーーーっ!!(・∀・)」
っていうのが身に染み込んで楽しくなって来るけど、
組や特定の生徒のファンではない、リピートを前提としていない
観客には極めて不親切な作品であり、
その独特のよさも理解されないうちに終わってしまうことは、
果たして宝塚のショーとしてどうなんだろうかと、
余計な心配をさせられてしまうところがなんとも……。


コムロさんは、げっそりフラフラですが(笑)、
気力は充実している模様。

心配なのは、気持ちと身体は違うってことだにゃ。
気力が充実して突っ走ってて、身体が弱ってることに
気付かないってことが人間にはあるからにゃ(´・ω・`)
プチッと来ちゃったときが怖い。

ソフト帽を被って踊るシーンが終わって、帽子を脱いだ後からフィナーレまで、
おでこのファンデーションのよれが直らないまま幕が閉まる。
化粧を直す暇もないのだろうかと、
バックステージの過酷さを垣間見るようで胸が苦しい。
怪我のないように祈ります。

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2006/10/02(月) 17:22:06|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:7

コメント

カシちゃんに見守られた舞台…私もその場に居合わせたかったあ~~。・゚・(ノД`)・゚・。

芝居の脚本は、基本設定がよく出来ていたと思うだけにホントに惜しかった&もったいなかったです(´・ω・`)
でも一週間の間の出演者達の成長で
早くも見甲斐のある舞台に変化しているところが、
ジェンヌって本当にすごい人たちだなとしみじみ思います。

> リピートを前提としていない観客には極めて不親切な作品であり

団体さんたちが見て、その1回で
(好き嫌いはともかく)タカラヅカを見たぞ~!!って
すっきり納得できてこその宝塚作品なのかもなぁ…
と思いました。
ワタクシ個人的には、変則フィナーレも不満ですが、
ロケットが無いと落ち着きません(笑)

ともあれ一番気になるのは、やはり
「誰も怪我無く無事に終わりますように」ってことですね…

  1. 2006/10/03(火) 08:00:23 |
  2. URL |
  3. Rubin #eP1cGWnA
  4. [ 編集]

こんにちは。あなたのページ最高です。どうしてってそれは正直だから。
コムちゃんが大好きだから、悪くは書きたく気持ちは私とてもあるんですよ。しかし、堕天使ってコムちゃんの魅力引き出せたかな?彼女はとても一生懸命でプロ意識があってそれは問題はありませんが、ストーリーなり、演出なりとせめて東京のほうでは変えてもいいのではないかとおもいますね。
そしてあなたと同じくコムさんがけがなどなく公演ができることを祈ります。本当に体を大切にしてねコムちゃん!
ほんとうに私も同じく、基本設定が評判がよかっただけにどうにかしてほしくなりましたね。
  1. 2006/10/03(火) 16:30:58 |
  2. URL |
  3. まゆみ #-
  4. [ 編集]

わんさん、おかえりなさい
やっぱり、そうなんだ~ケイコ先生&オギーw
我が道を行きまくりか!?
お二人は、1回しか見ない(見られないともいう)私にとって、
常にきびしー先生です!

まだ観劇は先になりますが、
コムさん、まーちゃん、雪組生たちを楽しみにしています。
  1. 2006/10/03(火) 19:01:47 |
  2. URL |
  3. たはは #nE6bt8Iw
  4. [ 編集]

演劇ブック10月号に、アルバトロスの荻田先生のインタビューが載っています。
「朝海さんはどんなことになっても踏ん張るし逃げない人で、一度決めたらやり通す。アルバトロスは体力的にもハードなのに、幸せそうでしたから、もう一度この幸せな顔を見たいと思った・・・・・」
そりゃそうですけど・・・・あれは躍らせすぎです(> <)
  1. 2006/10/03(火) 21:12:42 |
  2. URL |
  3. swan #-
  4. [ 編集]

こんばんわ!
先週、今週と公演観ました。
コムちゃん、すごーく踊ってるんだけど…。
あの2作品、馴染めません、残念だけど。
ショーでは、客を発散させてよ!って感じで不満。
ムシに設定したのは、無理だったのではないかと思います。
3日は、フラフラじゃなかったですよ。(のように感じました)
  1. 2006/10/04(水) 00:17:24 |
  2. URL |
  3. とらむ #3gU.127g
  4. [ 編集]

ごめんなさい、悪くかきたくない、と書く所がまちがって変な感じのかきこになっていました。ショーでコムちゃん爆発しているように感じます.最後は輝きまくりですが、堕天使はどうにかして。あれはビデオになるんですよね?
  1. 2006/10/04(水) 13:34:53 |
  2. URL |
  3. まゆみ #-
  4. [ 編集]

管理人様、あいさつもきちんとしていなくて申し訳ないです.
管理人様がいかにコムちゃんをよく見ていて、そして、言葉にできない感想をかわりにかいてもらっているような気分になるくらいまとめかたが上手ですネ.
私も同姓ですから、やはり、やせこけているとか、肌が荒れているという表現は友達にもいいませんし、おやめいただけませんか?肌は綺麗におもいましたし、やめられたら太られるでしょう。急にやめると意外に太るものなんですよね。お願い。
しかし、事実、踊りまくりで心配なくらいですから、堕天使のしなおし願いますよね。。。
  1. 2006/10/04(水) 14:06:02 |
  2. URL |
  3. まゆみ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://robawan.blog42.fc2.com/tb.php/1545-e1b4d9a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。