ロバみみ

王様の耳はロバの耳(・∀・)ノ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

感性の違い

薮さんも、早くも“竜馬”を観にいらしたようです。

●貴城&紫城がラストデュエット 宙組新トップのお披露目&サヨナラ公演
(スポニチOSAKA宝塚支局)
石田氏独特のベタなお笑いネタには少なからずひく場面もあるが、前2作にあった下ネタはさすがに遠慮がちでこれでもずいぶん上品な?仕上がり。

(爆)
薮っちにまで「引く」とか言われてる石田(爆)(爆)(爆)。


お竜役の紫城は、オープニングの泥酔シーンにやや精彩を欠いたが、竜馬との出会いやラブシーンなどは勝ち気でありながらかわいい女性の雰囲気をうまく出して好演。

ええーーー。
わんさんは、その初登場の泥酔シーンが、
シケもしどけなく、陸奥を指差してくるくるするところなんて
所作が色っぽくてとてもよかったと思うんですが。
(それよか、みきてぃの化粧のヒドさにびっくり/爆)

実際のお龍さんって、竜馬が死んだあと、
アルコール依存症みたいになっちゃってたんですってね。
るいるいも、立派な洋装で桂小五郎に寄り添う幾松を見て、
「ええなぁ、幸せそうで」とうつむく姿が哀れでかわいそうでした。

しかし、宙組生は、着付けがあんまし
お上手でないようにお見受けしますた。襟とか汚ねー(笑)。
今まであまり和物にめぐり合ってないから仕方ないですが、
この公演で学んでいってほしいものです。


共演者では、中岡慎太郎役の大和悠河、桂小五郎役の北翔海莉が重要な役割を占め、それぞれ自分の持ち場をきちんとこなしているが、徳川慶喜役の蘭寿とむが、徳川家最後の将軍の悲哀を押しだしのある台詞とろうろうたるソロでほぼ完ぺきに演じきり、これは見事だった。

「ろうろうたるソロ」!!??
……まあいいか………………(黙)。



そして、コムちゃんのさよならショー。

続いて「睡れる月」などの主題歌を披露。「銀の狼」「Joyful!!」そして「スサノオ」と代表作メドレーが続き、ラストは朝海が「一番思い入れのある作品」という「ロマンス・ド・パリ」から黄色いコート姿で「風のように」を歌って締めくくり、客席はペンライトの洪水となった。

ヴァンサンのコートって、黄色いかぁーーー!?Σ( ̄ロ ̄∥
クリーム色じゃね?

るい子の泥酔芝居といい、まゆさんのソロといい、
これといい、薮っちとの感性の違いを激しく感じます(爆)。


コムちゃんの大楽も見たうえに、
まーこのミュージックサロンにも行ったのかー。
仕事で、経費で行けるなんて、果報者よのう。
(しかも観た結果がこの程度の文章)

ハマコとえりたんふたりの保護者に囲まれて、
ボケボケトーク満載のほっこりするショーだったようですね。
えりたんは久々の「爽やか壮さん」だったとか(久々かYO!)。
メール夫人@ハマコと、まーこがえりたんを奪い合うシーンなどがあったそうで。
もー、“アルバ”に続き、メール夫人はすっかりハマコの持ち役でつね(・∀・)ノ

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2006/11/05(日) 14:19:52|
  2. 今週の薮さん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://robawan.blog42.fc2.com/tb.php/1668-b2cf31f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。