ロバみみ

王様の耳はロバの耳(・∀・)ノ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

TOKKにかっさん

阪急沿線情報誌『TOKK』の11月15日号の
「歌劇スターの素顔」のコーナーは、かっさん。→デコがまぶしい☆

──宙組での新しい出発が、 旅立ちのときになりましたね

 14年間ずっと雪組だったので、組替えが決まったときは雪組を離れたくない気持ち、不安もありました。でも、大劇場公演のお稽古(けいこ)集合日に宙組全員の前でご挨拶(あいさつ)したときに、この組のパワーを感じました。お稽古でも、どんどんぶつかってきてくれましたし、退団後に宝塚生活でおもしろかったこととして、この組替えを思い出すだろうと予感できるくらい幸せな気分で舞台に立っています。相手役の紫城るいちゃんとも、初めて組んで共に退団していく。いろんな出会いで宝塚全体を見る目も変わって新鮮です。

宝塚生活で「おもしろかったこと」て(爆)。
かっさぁ~~~~んヽ(´ー`)ノ



オレも、かっさんのネクタイ鉢巻の酔っ払い(再会)とか
紅葉の化け物(ベルリン公演)とか、デニス(青い鳥)とか、
川田小一郎@「社長、給料が払えません!」(猛き)とか、
王孫維(愛燃える)とかムジャ(ロマパリ)とか、
「りくとうさんりゃく」(飛鳥/それ役名じゃない)とか見られて、
すげーおもしろかったお・゚・(ノД`)・゚・


──坂本竜馬像をどう演じますか

 日本物というと、どっしりと演じるイメージが私にはありました。その点、竜馬は自由に動き回れる役です。固定観念をもたずに日本のことを考えて、行動力で実現していった。こいつが言うなら話を聞こう、力になろうと思われる“愛されキャラ”の魅力があります。いろんなことを吸収する柔軟性は憧れですし、根底には熱い心が流れています。宝塚に憧れ、突き進んできた自分の思いを重ねながら舞台で弾けたいと思います。

“愛されキャラ”……・゚・(ノД`)・゚・
まさしく、かっさんそのものでつな……・゚・(ノД`)・゚・

竜馬の芝居で一番好きなのは、薩長会談のシーン。
敵に折れない西郷に剣を突きつけながら、
「桂がかわいそうではないか!」
というところでつ……・゚・(ノД`)・゚・

薩摩と長州が互いに折れないというなら、
日本のために西郷と桂を刺して自分も死ぬ覚悟の、
もう後先無い竜馬の、
「かわいそうではないか」
という何の飾り気も無い、自然の感情に任せた言葉。
本当に優しいの。

それに呼応するスッシー@西郷どんの、
「泣くな、おはんが泣くと、日本が泣くたい」
っていうのが、また素直で温かい……・゚・(ノД`)・゚・

その時のかしちゃんの頬が、
本当に涙で濡れてて……・゚・(ノД`)・゚・
スッシーが優しくなぐさめてくれて……・゚・(ノД`)・゚・
かしちゃんならではの“愛されキャラ”の魅力が炸裂でつ。

いいシーンなんだおな。
ここを頂点に、新婚旅行の場面を入れて幸せの絶頂をちゃんと描いて、
竜馬暗殺をきちんとかっさんで見せてくれたら、
明暗くっきりしてドラマティックになるんじゃないかと
思うんだけどねぇ……ぶちぶち……。


──クラシックがテーマのショーでは 持ち味のオーソドックスな魅力が発揮できますね

 私に対するイメージはお客さまそれぞれが決めてくださることですが、私自身、伝統的な男役の雰囲気を大切に持っていたいという気持ちが常にありました。そこにこんなこともできる、というプラスアルファの意外性があれば、と思ってきました。ショパンの曲が主体できれいな場面も多いので、優雅なムードを味わっていただきたいです。痛快コメディーのお芝居とは同じ人間が演じているとは思えないぐらい、ガラッと雰囲気が変わりますから、初めて歌劇を見る竜馬ファンの方にも、宝塚らしさを感じていただけると思います。

(爆)!!!<竜馬=痛快コメディー
そうなんだ!?(爆)(爆)(爆)


──2月の東京公演千秋楽まで、 宝塚生活のカウントダウンですね

 初めての組替え、初めての主演、初めての相手役と私を取り巻く環境はずいぶん変わりましたが、役を作る、舞台に立つという姿勢はこれまでと変わりません。主演男役というのは、組のメンバーの動き方を左右する重要な立場です。いま、私自身が宙組で伸び伸び過ごせています。支えてくださっている方への感謝の気持ちもこめて、宙組生と共に、千秋楽までステップアップしていきたいです。

うん、ええ子や。
かしげちゃんは、ええ子や。

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2006/11/12(日) 18:24:04|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://robawan.blog42.fc2.com/tb.php/1697-184c7846
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。