ロバみみ

王様の耳はロバの耳(・∀・)ノ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2つの竜馬

今週は、本公演と新公、2つの“竜馬”の評がwebに出ました。

……といっても、1つは薮っちなんでつけどね(・∀・)ノ

●宙組「維新回天・竜馬伝!」「ザ・クラシック」宝塚大劇場公演
貴城&紫城、渾身のラスト
(ENAK)

●早霧せいなが動きの軽さで好演 宙組新人公演「維新回天・竜馬伝!」
(スポニチOSAKA宝塚支局)


こないだ、この宙組の『維新回天・竜馬伝!』のリメイク元である
真矢みき主演の『硬派・坂本竜馬』をスカステでちらっと観たのですが、
全然あっちの方がいいんで、がっくりしまんた。

幼い頃、目の前で人が虫けらのように斬られるという事件が
最初の方に描かれており、竜馬がなぜ「日本を洗濯しちゃるぜよ」
という意志を持つようになったのかが観客に伝わるようになっている。

ところが、宙組版の竜馬は、やれ薩長同盟だ大政奉還だと、
いろいろ飛んで回って苦心してるけど、
動機がキレイさっぱり省略されているため、
ドラマの主軸としての説得力に欠ける。

また、千葉さな子やお龍など女性陣の心理描写も、
本家の方が断然よくて、感情移入できる。

バウは大劇場よりも1時間も上演時間が長い。
端折るのはしょうがないけど、なんで肝心なところばかりを省略して、
くだらんギャグとかは残してあるんだろう_| ̄|○

石田先生の作家としての能力を、むちゃくちゃ疑問に思いますた。
なんで前の自作の方がいいんだよぅー(´・ω・`)


さて、薮っちです。
お待ちかね(・∀・)ノ
 本公演では新撰組きっての美少年といわれた沖田総司に扮してその美丈夫ぶりを発揮しているが、竜馬はちとイメージが違い、どんな竜馬を見せてくれるか興味深かったが、押し出しのよさと、すっきりした台詞、動きの軽さで、予想以上の好演。

薮っちの魅力が最大限に発揮されてまつね!!!!

ワンセンテンスなげーよっ!!!!www

美少年」と「美丈夫」じゃあ、
言葉の持つイメージがじぇんじぇん違いまつ!!!!www
(美少年=美しい少年、美丈夫=立派で美しい男性)

発揮しているが」「興味深かったが
って、1文の中で「~が」を2つ以上使わない!!!!www

竜馬はちとイメージが違い
ちとて!!!!!(爆)(爆)(爆)
ここはどこ!?
私は誰!?ww


 一方、お竜役(本役・紫城るい)は実力派の和音美桜が初ヒロインを射止めた。(略)さすがに演技も落ち着いていて、日本物の立ち居振る舞いも申し分ないが、相手役が同期とはいえ少年のような早霧だけに、かなり年上にみえ、竜馬を包み込むような温かささえ感じられた。

立ち居振る舞いも申し分ないがネガ
相手役が同期とはいえ少年のような早霧だけにネガ
かなり年上にみえネガ
竜馬を包み込むような温かささえ感じられたポジ
わけわかんねーーーーーーーーっっっ!!!!!!wwwww


 主演2人以外でまず特筆すべきは、徳川慶喜(本役・蘭寿とむ)に扮した春風弥里だろう。(略)前回の新人公演ではたしか大和悠河が演じた革命家を演じていたと思うのだが、そのときの印象とは雲泥の差だった。

マスコミが、「たしか~思うのだが」とか書かないーーー!!!wwww


 また西郷隆盛(本役・寿つかさ)に扮した暁郷も、西郷そっくりにひげまで蓄えた外見もさながら、流ちょうな鹿児島弁を駆使して、これまでにない大役を見事にクリアした。

一般的に知られている西郷像に、
「たしか」ひげはなかったと「思うのですが」~~~~!!!www→Googleイメージ

つーか、「流ちょうな鹿児島弁」て(爆)!!!!!!!!

ああ、薮さん、サイコー(・∀・)ノ


 さて、次回更新分は植田紳爾演出家生活50周年スペシャル「夢のメモランダム」の模様を紹介します。お楽しみに。(薮下哲司)

楽しみでつ(・∀・)ノ

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2006/11/29(水) 23:43:58|
  2. 今週の薮さん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://robawan.blog42.fc2.com/tb.php/1798-e31f771b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。