ロバみみ

王様の耳はロバの耳(・∀・)ノ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

タイムスリッパ宝塚大劇場4

こんにちは、彩吹真央です〔o゚ー゚〕 ←新手


今から16年前、朝海ひかるさんが、まだ音楽学校で
目立たないようにてれんこてれんこしている時代の
大劇場の写真を眺めて「ほえ~っ」とする企画、
タイムスリッパ宝塚大劇場”、第4回目でつ。
今日はどこへ行こうかにゃー♪

robby4.jpg
<ロビー>
細かいところは気にしないでください。
君たちは先生に、何度言わせるんですか。


モデルは、いつものとおりうちのおかんです。
いい毛並みしてまつねー。(放っとけ)


ここ、どこからどこを見てるかわかります?

大劇場のロビーを、改札の内側から見た景色です。
左手が武庫川、右手が今のカフェテラスやショップがある方。

なんか、右奥の方に階段が見えますね。
前回の2枚目の写真をご覧いただいてもわかるように、
以前ロビーには2階があったんでつね。
わんさん、記憶にないんでつが……(´・ω・`)

突き当たりは、正面玄関に続いていて、
天井近くの壁には、丸い時計と、
ファミリーランドにいたホワイトタイガー(シロタンだったっけ?)と、
観覧車かなんかの写真の丸いパネルが並んで飾られていました。

手前の柵は、大劇場に入る改札でつ。
ここに、もぎりのおねーさんたちが立っていて、
チケットを切ってくれました。


いやー、それにしても、クラシックでつね~~~。
シャンデリアといい、床といい。
昔懐かしい、ダサさの混ざり加減が、
いかにも「宝塚歌劇」といった雰囲気で、わくわくしまつ。


robby1.jpg
<ロビー2>
壁の高いところには、公演中の組のスターたちの
パネルがずらっと並んでいて、壮観でした。
今は、人通りの少ない2階のくすのきの横の壁に
ぽつんと目立たず展示してあるのが寂しいです。


1990年10月6日──
この日は、花組さんが公演中でした。

お芝居は、谷センセイの『秋…冬への前奏曲-哀しみのパ・ド・ドゥ-』。
「前奏曲」と書いて「プレリュード」……。
しかも、サブタイ「哀しみのパ・ド・ドゥ」……。
うざーーーっっっ!!!!wwwwww
さくら-妖しいまでに美しいおまえ-』を彷彿とさせる寒さでつね(・∀・)ノ

ショーは、横澤英雄先生の『ザ・ショーケース』。
横澤先生は、「ショービズ」という言葉の似合う、
洒落たおとなのショーを作る人でした。
今は、宝塚歌劇団を退団なさって、
OSKで演出を手がけていらっさるよーでつ。→この辺


robby2.jpg
<接近1>
北小路みほ組長、未沙のえる副組長、
トップ大浦みずき、磯野千尋、2番手朝香じゅん

うぉ~~~~!!
なんちゅーかっこえー並びなんじゃ!!!!!!(興奮)
昔の宝塚のスターさんって
今よりもずっとおとなの魅力がありましたよね。
年齢は今のスターさんたちよりも
ヘタしたら若いくらいだったのに……。

なーちゃん大好きだったにゃー。
余裕のあるしなやかなダンスで、渋くて。
でもどこかにお茶目なところがあって。
ダミ声の歌もカッコヨスだったにゃー。
特に退団が間近になってからの、劇場全体に放射状に広がる
スターオーラは、ものすごい迫力がありました。
にしても、なーちゃんとか、のんちゃんとか、
ああいうおっさん系トップって、もう出さないのかしらん。
いいのにねぇー。

ソルーナさんは、なーちゃんと双子かと思うくらいに似てて、
いぶし銀の魅力に溢れてますた。

ああ……ルコさぁぁぁ~~~~~~~ん・゚・(ノД`)・゚・
包容力といったらルコさん!!!
どんなアダルトな娘役も、ルコさんと並んだら
優しさにすっぽり包まれて幸せそうだった!!
広がりのある歌声も気持ちよくてねぇ……。
限りなくトップに近い2番手として、全ツも主演で回ったりしたけど、
当時の年齢制限で、トップの座に着くことなく退団されました。
記録には残らないけど、いつまでも心に残るスターさんです。


robby3.jpg
<接近2>
娘役トップひびき美都、梢真奈美、峰丘奈知、安寿ミラ。
以降は切れちゃってますが、隣はたぶん真矢みき。

おキャル様って、今じゃ絶対ありえないほどの
おばさんくさいビジュアルのトップ娘役でしたが(しーっ!!)、
母性愛に溢れた包容力が抜群で、ダンスもエレガント。
なーちゃんにはぴったりの相手役でした。

チコちゃんは、ルコさんの相手役をすることが多く、実質2番手娘役格。
しーちゃんは、押しも押されぬ花組の歌姫。
透明感とボリュームのある歌声が花組のダンスを引っ張ってた。
今の美穂圭子さにんよりも、ずっとスター扱いされてますたね(´・ω・`)
昔は、路線じゃなくても、芸があればちゃんとスポットを当ててくれてた気がしる。

ヤンさんは、華奢で繊細は雰囲気の中堅ダンサーで、
ショーで娘役もたびたび回ってきてました。
ちょうど、宙組時代のコムちゃんみたいな感じだったなぁ……。


当時の花組ファンの間では、舞台での実績もあり、
人望も厚いルコさんがセンターに立つことなく退団することを惜しむ声が強く、
2番手経験がたったの1作と、
3番手からいきなりトップになったようなものだったヤンさんは、
けっこう風当たりが強かったのではないかと思います。

わんさんも、ミキとばっかりいちゃいちゃしてて、
みはるちゃんをないがしろにしっぱなしのヤンさんを、
「てめー、男らしくねーぞー」
と思って見てますた(笑)。

ヤンさんも、それからは、
究極のツンデレトップとして、独自の魅力を確立して退団なさいましたね。
1992年トップ就任、1995年退団。


この写真を撮った1990年の花組は、ヤンさん以下の男役に、
真矢みき、愛華みれ、真琴つばさ、
香寿たつき、紫吹淳、匠ひびき、姿月あさと。
娘役に、白城あやか、森奈みはる、月影瞳など、
その後10年間の宝塚をトップとして支えたスターたちが
キラキラゴロゴロしていました。

男役も娘役も元気で張り切っていて、
すんごい見ごたえがあって、楽しかったでつ。

コムちゃんは、翌91年、
月組『ベルサイユのばら-オスカル編-』で初舞台。
翌年花組に配属。
朝海ひかるが、大浦みずきと、安寿ミラの背中を見て育った組、
それが当時の花組でした。


ヤンさんとみはるちゃんといえば、
コムちゃんのさよなら公演を、東宝に観にいらしたそうで。
仲良くご一緒にご観劇とのこと(珍しいww)。

なんかホントに、

♪く~るく~る~ ま~わるまわる~
♪じ~だいは~ ま~わるまわる~~~

でつ……。(fromあいらぶしょぱん『ザ・クラッシック』)

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2006/12/09(土) 13:16:34|
  2. タイムスリッパ大劇場
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:1

コメント

びっくり!自分の撮った写真が出ているのかと一瞬錯覚したくらい、全く同じ公演同じアングルの写真が私のアルバムにもあります。なーちゃんのファンで村に通う回数がとめどなく増えていった時期でしたわ。でも谷セオリーでルコさんのコマロフスキーの方がステキでしたね。相手役のレナーテのなっちゃんもよかったな。
懐かしいお話、ありがとうございました。2月までにまたいろいろ秘蔵ネタ放出期待しちゃいます。わんさん愛してます(こんなとこで)。
  1. 2006/12/10(日) 02:12:28 |
  2. URL |
  3. ときわ #JnoDGgPo
  4. [ 編集]

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://robawan.blog42.fc2.com/tb.php/1832-08034525
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ザ・ラストディ

ザ・ラストディのスペシャルライブ中継も発表になって、メモリアルブックの予約も始まり、どんどん時間が無くなっていくのが、切実になってきた…。大劇場ラスト5公演なんだから、当然といえば当然なんだけど、…で
  1. 2006/12/09(土) 20:52:07 |
  2. Takashiro備忘録

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。