ロバみみ

王様の耳はロバの耳(・∀・)ノ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

かしるいさよならグラフとるいるい思い出話

ENAKさんの、かしるいさよならグラフ出た(・∀・)ノ→コチラ

アラビアかしるい(・∀・)イイ!!
あ~~、るいるい、『LUNA』(2000年月組公演)の
イレーネを思い出すお・゚・(ノД`)・゚・→コレ

大劇場公演で退団した千紘れいかのあとを受けて、
東宝と博多座でやったんだおね。
当時男役だったけど、白いお衣裳が似合って、初々しくて、
すげーかわいかったにゃーーーーーー・゚・(ノД`)・゚・



余談ですが、千紘れいかと言えば、
彼女の退団のときも劇団はアレでしたな(´-ω-`)
千秋楽で袴で階段を下ろしてもらえず、
あいさつもさせてもらえず……(´-ω-`)

まあ、彼女の場合、在団中に劇団四季を受験したという
ペナルティという意味もあったのでしょうが、
同じ公演で退団のるんぱちゃん(真山葉瑠)が
緑の袴でセンターに立っているときに、
彼女はブルーのダルマでみんなと同じラインに立っていた。

『黒い瞳』でエカテリーナ女王まで演った
娘役スターのそんな姿を見るのは、やっぱり忍びなかった。
気を遣ったRIKAが、そんなアツの背中を押して、
少しでも前の方に出そうとしてたっけ……。

ったく、6年経っても劇団は、
「清く正しく美しく」の錦の御旗の影で、
人情味のないことを繰り返すよな。


閑話休題。
るいるいは、『LUNA』と併演の
ショー『BLUE MOON BLUE』でも娘役をしていました。
どうやら転向を勧められていたようですね。

モンゴルのシーンで、マミちゃんの恋人役。
当時娘役トップだった檀ちゃんのお色気系の魅力とは違う
愛らしさで、マミファンからも好評だったにゃー。

最後はふたりとも目が見えなくなり、
手探りでお互いを探し当てて抱き合うんだけど、
るいるいの頭をガシッとつかんだマミちゃんの手が、
るいるいの耳に接触するのを、
客席のわんさんはハラハラして観てますた。

るいるいは、耳が弱点なんだお(・∀・)ノwww
もう、「きゃー!」って叫びたくなるほど笑っちゃうらしいwww

だもんで、今年のかしコンで、
階段に座ったかっさんの膝にるいるいが甘えて、
その頭をかっさんが撫でるのを、
6年前と同じ気持ちでハラハラして観ていたのでした。


わんさんって、るいるい好きだおね(・∀・)ノ
容姿とか技術的なもの以前に、
あのなんとなく寂しげな雰囲気がとても好き。
なんだか、とても気になる。

お茶会にも行っていたことがありまして、
アニメ声で小動物系でかわいらしい外見ですが、
ああ見えて非常に頭の回転がよく、クレバーな人という印象です。

『LUNA』で初めて博多座に行くというときに、
「皆さんぜひ来てくださいね。
 さびしくて死んじゃう~~~(><)」
って眉をへの字にしていたのが、たまらんカワユスですた(笑)。

月組で娘役に転向して、宙に異動したけれど、
女帝の下で徐々に眉間のしわが深くなっていくのに胸を痛めていましたが、
かしちゃんのお嫁さんにしてもらってよかったね。
眉間のしわも取れてきたし、最近すごく可愛くなった。

6年前は「さびしくて死んじゃう」って言ってた博多座で、
指輪もらって、ホントによかったね。→この辺

かしちゃん、ムラの最後のお茶会で、
「るいちゃんが、いたく感激してくれて。
 また惚れさせちゃったなーって思いました♪」
って、のろけてたお(笑)。

かしるいマンセー(・∀・)ノ!!

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2006/12/13(水) 22:46:11|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://robawan.blog42.fc2.com/tb.php/1848-58f9c389
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。