ロバみみ

王様の耳はロバの耳(・∀・)ノ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

東宝星ばら観て来ました

東宝星ばら、本日11時の部を観て来ますた。


<第一部終了後の感想>

とうこオスカル、感情を前面に出す役作りで
男が形成する縦社会での軋轢にジレンマする
オンナノコに見えてしまうのが難点。
非常に小者に見える。
ただし芝居は巧み。
しかし、周りにその芝居を受けることのできる役者がいない。

ちえアンドレは声が籠りすぎ。
残念ながら学芸会芝居。
台詞を覚えて発すればいいっちゅーもんではない。

わたるは相変わらずわたる。
全般的に雑だが、そこがいいところかも。
となみは、ムラの方が王妃然とした品格に溢れていた。
二部に期待。



<第二部終了後の感想>

すっげ~~~~おもしろかった!!!(キラキラキラ)
今の星組には、勢いONLYでわけもなく盛り上がる、
タモ時代花組に通じるものを感じます。

いや~、それにしても、とうこさんはすげーなあっ!!

第一部ではちっぽけなオンナノコだったオスカルが、
第二部では、ほんまもんの軍神マルスの子になってますたよ。
す~ごかったぁ~~~~~。

ジャンヌ・ダルクだ。
あれ、ジャンヌ・ダルクだよ(notまりちゃん)。

ごく普通の田舎娘だったジャンヌが、
ある日突然インスピレーションを得て神と一体となる。
民衆の心と時代を掌につかみ、歴史の奔流を変えて、火あぶりになる。

まさにあれ。


コムロさんとは、まったく正反対です。

貴族の娘としての裕福な生活も、
軍人としての地位も名誉もすべて捨てて、
ただの人間として歴史の足元に縷々重なる屍のひとつになるのがコムカル。

理想と現実のギャップに苦しむ小さな女の子が、
その中で突然吹っ切れちゃって神がかり的な力を得て、
カリスマとして壮絶に散っていくのがとうカル。

裸のコムカルと、
黄金の鎧をまとう とうカル──。

芸風ですかね(・∀・)ノ

コムカルは、もしかしたら偶然辿りついちゃった
結果なのかもしれないんだけど(爆)、
とうカルのそれは、声のトーンをガラッと変えていることや
写実から大芝居へ移行していることなどから、
明らかに計算と演技力によるものと判ります。
すげー切り替えっぷり。
役者としての力量に、心底感心しました。


でもねー、そのとうカルがカリスマになった経緯がよくわからず(爆)、
突然吹っ切れちゃった風に見えるのは、
穴だらけの脚本と、とうこちゃんの芝居を受けて補う相手が
いなかったことが原因だと思うんですけど、
まあ、すげえ楽しめちゃったんでいいです。
みらんちゃん、マイク入ってないのに
「たいちょおーーっ!!」って野太く叫んでるのが
2階まで聞こえたし(←それかよ)。

オスカル隊長命の星組衛兵隊、
うざーーーーーー(笑)。
むさくるしーーーー(笑)。
おまいら、サイコーーーー(笑)。


薔薇タンのとうこちゃんのキメ台詞は、
「ラスト1(ワン)!!!」
ですた( ・∀・)=b グッジョブ

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2006/04/02(日) 18:13:30|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

コメント

きゃー わん様 私も観てたんですぅ~
 瞳子ちゃん達の オラオラッ! 薔薇タン あのヘァースタイル
どうなっちゃってるんでしょうね(爆)

エッフェル塔か、東京タワー 盛りあげるだけ 盛りあげちゃってる スーパーハードスプレー どんだけ使っちゃってるんだか
  1. 2006/04/02(日) 19:48:15 |
  2. URL |
  3. たんぽぽ #/ZgleBxo
  4. [ 編集]

☆たんぽぽ殿
ブログ、拝見しました。
同じ回をご覧になったんですね~(・∀・)ノ
私もあのシャンテ前の桜、撮ろうと思ったんです(笑)。
見事な桜吹雪でしたよね。
薔薇タンの三日月ヘアーはすごかった!!
  1. 2006/04/02(日) 23:17:41 |
  2. URL |
  3. わん #GjNig3h.
  4. [ 編集]

なんかねー、コムカルを観た後にとうカルを翌週に観たので
あんまりに違うオスカル像に感心しましたよ。
演じる人が違うとこうも違うものなのかと。
お茶会でとうこさんが言ってましたが、じっくりオスカルの
役作りをするヒマがなかったのでぶっつけで東京に来たらしい
です。なのに、あれだけの計算された演技はすっばらしい!
納得いかない点はあったものの、ビジュアルがまぁいいので
とうカルはいいように考えることにしました(アイタタ)。

大劇場でのゲストのオスカルさん達とはまた違ってましたね。
とりあえず悔しいけど、役替わりは成功?ってところでしょうか
ねぇ・・・( ´ー`)フゥー...
星組ってホントうざいぐらい熱い組ですな(笑)。
まぁトップさんの影響も多いのかと思いますが。
薔薇タンは東京に来てからすっごいトルネードヘアーをやる
ようになってました、とうこさん。
巻き過ぎて真ん中に穴があるぐらい!
オラオラうるさ過ぎ(笑)。
あんまりにうるさいんで声出して笑いそうになったことも多々
ありました!
あの野郎軍団何者??
  1. 2006/04/02(日) 23:30:29 |
  2. URL |
  3. もりりん #2Qwf./yA
  4. [ 編集]

☆もりりんさん
わんさんも、コムカルとの違いの明確さにびっくりしました~。
同じ役なのに表現の仕方が少し違うどころのレベルじゃなくて、
まったく逆なんて、すごいっすよね。
それでいて、それぞれに納得&感動させるなんて。
生の舞台って、面白いなーと思いますた。

それにしても、じっくり役作りをする
ヒマがなかったというのにあの出来っすか!?
さすがとうこちゃんだわ……Σ( ̄ロ ̄∥

薔薇タン軍団は、大劇場と違って、
まんなかが真っ赤な口紅のちっちゃい人だったから、
なんか余計に姫&野郎って感じでよかったすね♪
  1. 2006/04/03(月) 23:18:43 |
  2. URL |
  3. わん #GjNig3h.
  4. [ 編集]

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://robawan.blog42.fc2.com/tb.php/797-8b8737b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。