ロバみみ

王様の耳はロバの耳(・∀・)ノ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

東宝星ばら覚え書<第二部>

<第二部>

♪あら~しは~
♪あら~しは~
♪は~なを散らせて~ゆく~

わんさんの耳元でも艶のない声が……。
はっ……、おかん!!Σ( ̄ロ ̄∥
上演中に歌うなって!!!



人ンちの庭でお祭り騒ぎの男女どもは、相変わらず楽しいにゃ~♪
って、真ん中から飛び出して来た、
しぃちゃんカワユス~~~~~~~!!
前髪サラサラ~~~~~!!
なんか若い~~~~~~~!!
その笑顔が癒し系~~~!!

「ハンス」
「お姉さま」

「無礼な、会おう」

なつかしのヘタレ台詞の数々が蘇るわ~♪

「無礼な、会おう」byハンス@笑顔

って、最高におかしくねーか!?
おまえ、怒ってんのか友好的なのか、どっちだYO!
ああもう、これ大好き。


バスティーユはとにかく迫力があってすごかった。
大劇場の3割増し。
ほとばしる汗臭さと野郎臭さ(くっさ~)。
これだね、これが星組のバスティーユ。

とにかく全員、オスカル隊長ラヴ!!!
なんだあいつら(笑)。

「アンドレ、ここだぁっ!!」

と、細い体をよじってしぃベルナールの腕を
振りほどこうとするとうカル。
打っても響かない相手によくぞここまで……(涙)。

アンドレがお亡くなりになってからは、
とうこの独壇場なので安心して芝居にひたれました(・∀・)ノ

「シトワイヤン、行こう!」

は、簡単に言って、素晴らしかった。
巧い人の芝居に身をゆだねて観るというのは
心地の良いことだにゃ~(←ひさびさ実感)。

うめの胸をいくら覗き込んでも、何も見えない不思議。


バスティーユがあまりにもすごすぎたので、
以降、集中力の切れたわんさん。
あれなー、あれは芝居の山だよなー。
あそこまで盛り上げちゃ、もうあと無理(笑)。


となみちゃんは、やはり第二部のほうがよかったでつね。
コマドリの歌がフルバージョンになってたけど、
「ひもじいの~♪」とか歌詞に出てきて、
すげーさびしかったっす(笑)(←笑うなっちゅーの)。

公安委員会はいらんな。
下品すぎじゃー。
なんで女性をひっぱたくかな。
力を勝ち得た誇り高き市民があの態度じゃあ、
なんのための革命だったのかと情けなくなる。
星ばらでの脚本&演出の改悪の最たる部分。
(雪ばらはありすぎて切りなし(・∀・)ノ)

「オスカル様の数奇な生涯に終止符を打つことがあるとしたら、
 それはあの方の信じるままに行動するしかないと思います」

「あの笑顔を曇らせないでくださいまし。
 あれが、フランス女王の最期なのですから~~~(泣)」

とか言いながら、2人も手にかけるロザリー、恐るべし。
しかし、うめにゃん、やつれすぎだにゃー(TT_TT)

しぃベルナールの
「カペー未亡人!」が好き。

となみちゃんの
「はいっ」も好き。

わたるの黒燕尾は好きだな(←ハイッ!いきなり飛んだ!)


小雨の淑女(とよこ)は、
やっと最期に一番ノーマルな淑女が来たって感じ?
わたるは別に溶けてなかったけど。
てか、とよこの尻がすごかったっす。
なにあれ、Tバックでも履いてるの?
ほとんど肌色だっt……


薔薇タンが、すげかったっす(・∀・)ノ
まず髪型が……。そもそも髪型が……。

とうこの頭に三日月が突き刺さってる~~!!
ゆかりねーさんも、あかしもだぁ~~~~!!
うぉ~~!!
みらんちゃんはすでにモヒカンの域!!!!!
(あとは未確認。すまそ。
 組長とにしき愛さんだけは通常ヘアでした)

オラオラオラオラ~~~~~~~!!!
全員吼えまくりだ~~~~!!!!!
なに言ってっかわかんねーけど!!!(爆)
そのやり過ぎによる高揚感で、意味もなくむしょーにおもしろい!!!

とうこが
「ラスト1!!」
で締めたとき、場内拍手喝さいでした。
あー、おもろかった。


ボレロは、まあ、そのなんだ、アレだよ。
シーンとして名シーンなんだよ!!


黒燕尾(オマージュ)はよかったな(←ハイ戻った!)。
娘役は白いドレスでたおやかに、男役は黒燕尾でりりしく。
ああ、タカラヅカ。基本でした。

最後にひとり残って軽く会釈をするわたるに、
「あ~、辞めちゃうんだ~」と、ちょっぴりしんみり。


エトワール・タキちゃんの優しい美声に酔いながら、
明るく楽しいパレードで終了。

あー、おもしろかったな。
『ベルばら』を見た気がして満足。



観劇後のおかんの感想──。

「とうこさんはいいねぇっ!
 とうこさんが何か言うたびに涙が出ちゃったよぉ」

上演中、何度も鼻をすするので風邪っぴきなのかと思ったら、
泣いていたらしい(爆)。

※おかんは、『龍星』観劇以来、とうこマンセーである。

「薔薇のタンゴでとうこさんの隣りにいた人誰?」

たぶん、ゆかりねーさん。

「反対側の人もキレイだった」

それ、みらんちゃん♪


「なーちゃんはかっこよかったねぇ~っ!!」

それって花組……( ̄∇ ̄;)
てか、16年前だし……。

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2006/04/02(日) 23:08:44|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

コメント

お母様、16年前をスパッと思い出せれるのがスゴイ!!そしてとうこさんマンセー。いいじゃないですか~☆

宝塚にさして興味がないのに、うちのおかんは音月桂ちゃんマンセー。何だかんだいって、桂ちゃんは好きらしい。

雪ファンですが脚本はまだ星の方がいいですね。
雪の脚本はいわずもがな。
(宝塚2回目の母ですら「霧のミラノのほうがおもしろかったよね。」と雪ベルを切り捨てました。ひどいっ。)(笑)
でもいいんです、コムロさん拝めれば!!!もうすぐ東京に雪組がきますね。楽しみです♪
  1. 2006/04/03(月) 02:38:16 |
  2. URL |
  3. 朝海雪 #SARTFEJg
  4. [ 編集]

☆朝海雪さん
ほら、年寄りって、
最近のことは覚えられなくても、
昔の記憶はやたら鮮明なんですよ~(笑)。

雪さんのお母様は桂ちゃんマンセーなのか(笑)。
桂ちゃん、愛されキャラだからにゃー。
アイドル性がある人の見本みたいな子ですよね。

歌劇団は、自らの十八番を再演するごとに
汚していってますよねぇ~~~~~。
次に上演されるなら、植田さん(とその一派)が
手をお引きになった脚本・演出で見てみたいなーと思います。
  1. 2006/04/04(火) 00:03:14 |
  2. URL |
  3. わん #XATZ2vdE
  4. [ 編集]

しいちゃん花祭りの男、だああああい好きぃ!!
かあわいいんだも~ん!

公安委員は場面的にはどーかと思うんですけどね、ちぐ委員のた~っぷりためたスター芝居(笑)が大好物なのでございます。
ゆうほ委員の顔芸も見ものです。
そして、この2人がかっ飛ばしすぎて(千秋楽にはMAX!)、置いてけぼりのみしろ委員がこれまたツボなのですYO!(笑)

てかお母さま、なーちゃんてえ!
  1. 2006/04/06(木) 02:00:40 |
  2. URL |
  3. ジュンタ #-
  4. [ 編集]

☆ジュンタ・クオリティさん(←人のHN勝手に変えない!)
おおおおぉぉぉ~~~~!!!!
ジュンタさんも、あのしぃちゃん好きですかあああぁぁぁぁ~~~!!!
あのかわぅさ、なんだろねええええええぇぇぇぇ~~~~!!!
風圧で前髪がほわってなるところとか、
邪気というものがまったくない笑顔とか、
めっさかわえええええええぇぇぇ~~~~~~~!!!
え、ハマコと同期?(←深い意味は……)

公安委員会さまは、そうか、
そういう鑑賞の仕方をしなくてはならなかったのか!(開眼)
勉強不足でした。えりこと一緒に修行してきます(笑)。
  1. 2006/04/06(木) 22:49:47 |
  2. URL |
  3. わん #GjNig3h.
  4. [ 編集]

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://robawan.blog42.fc2.com/tb.php/801-2dac47b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。