ロバみみ

王様の耳はロバの耳(・∀・)ノ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

キャスト別感想(下)

かしちゃん以下をいってみよう。
(※ロザリーについては語りたくても……(TT_TT)すまそ)



●かしちゃん

プロローグの薔薇の青年が、
すさまじい美しさ(ガーーーーン)。

柔和な長い輪郭、白い肌に、
凛々しい切れ長の目、ほどよい立体感を持った赤い唇。
元々美人ではあったけど、
今までこんなにまでキレイだったっけなぁ。 ※実はひそかに前歯直したでそとか思ってる

かつらも似合って美しく(さすがヅラ専科)、
プロローグは釘付けでしたわなぁ……。


んでもって、ジェロがよすぎる。
美麗、高貴、コムカルに対する愛の大きさ……
でもあれはちょっと、いくらなんでもよすぎるのではないのか?
役としてなんか違う。

ジェロは“キザで嫌味な貴族の男”の部分が
やっぱり少しだけあるべきではないんだろうか。
アンドレに失礼なこといって、
ぬるいショコラをぶっかけられちゃうようなヤな男なんですよ?(in原作)

貴族の世界で生まれ育ってきたジェローデルにとってオスカルは
あくまでジャルジェ家令嬢、オスカル。
貴族の娘として輿入れし、
つつましい妻として自分の家に入り、母となることを望んでいる。
それはもちろん彼女に対する、彼の愛の形なんだけど。

そのため、革命思想に傾倒し、
蔑むべき存在である衛兵隊連中なんぞに手こずっていて、
なかなか自分のものにならないオスカルに対して、
少しイラついたりする顔をものぞかせてくれたえりジェロは、
非常にうまかったと思うんだにゃー。
姿はどうあれ(爆)。

かしジェロはよすぎるよ……。
よすぎてダメ出ししたいくらい(笑)。
コムカルめろめろにさせてどーすんだYO!

いやいやいや~、でも、あれだけ出番が少なくて、
本来は2番手が演じるような役ではないジェローデルを、
あれだけオスカルを巡る男のひとりとして大きく育てあげた貴城けいの、
スターとしての力量に感心させられてしまいました。脱帽。

役者としての実力はあったものの、長い間、
殻を破れないでいるように見えてもどかしかった、かしちゃん。
組替え~トップ就任という道を歩み始める前に、
雪組で吸収し、培ってきたものの全てを、
いま、出し切ろうとしているかのようです。



●ちかりん

アラン、こえーーーーよーーーーー(爆)!!!!

特に、オスカルの抜き打ち閲兵のところが~~~。
ひ~~~~~~ん・゚・(ノД`)・゚・

いや、確かに、抜き打ちのうえにふざけた軍服で来ちゃったあいつも悪い。
悪いが、そこまで怖くすることないじゃーーーん・゚・(ノД`)・゚・

「化粧をさせてドレスを着せたら、さぞや美しい貴婦人になるだろうがなあっ!!」

ってコムカルのマントを引っつかんでばさーーーってやったら、
マントがコムロさんの体にぐるっと巻きついて、
手巻き寿司みたいだったあああぁぁぁぁ・゚・(ノД`)・゚・
(くいてえええええええええええ!!!!!!)

んで、あの天然ボケが、

「お前になら、刺し殺されても恥にはならん♪」

ってニコってしたら、ものすげー怒っちゃって(あたりまえ)、
暗転前の顔が、牙をむき出しにして威嚇する狼みたいで、
マジで噛み付かれそうで超怖かったーーーーーー!!!!・゚・(ノД`)・゚・


わかったよ、ちかりん。
アランも終わりが近いんだもんな。
君が作った“荒くれアラン”を極めるつもりなんだな?
がんばれ、己の信じた道を行け(って前にも書いた気がしる)。

コムカルに心を開いてからは、
やけにクールでおとなしくて、理性的で、
ガキっぽさが減っていて、あれは前よりよかったね。

アンドレを、どう切り替えて来るかが楽しみです。

あ、化粧が汚いんで、頼むから改善してきてください(爆)。



●えりこ

メルキオールお帰りーーーーーーー!!!!!!
ちあきも待ってたよーーーーーーーー!!!!!!(たぶん)

あんもう、えりこのメルキオール、最高~~!!
大~~~~~~~好き!!!!!!!
あのヘタレ加減、尻に敷かれっぷり、見た目のかっこよさ、
ちあきとのバランスといい、理想的なメルキオールでそ!!!!!

「あっちで一緒にしゃべろうよぅ」

って、うつむきがちに腕を組を絡ませてくる
ちあきがああああああwwwwwwwwwwww
そんで、若干照れてるえりこがあああああwwwwwwwwww
↑笑いが止まらないらしい

んもー、すげえいい。
えりちぃさいこーーーー!!!\(^o^)/


ルイーズとの芝居以外のところでも、
常に的確なお芝居をしていて、目立つしカッコイイ。
えりこも伊達に路線やって来たんじゃないんだね(爆)。

明日からはキム・アランなわけですが、
こんなしっかり出来上がっているメルキオールを下にして、
一体大丈夫なんだろうかという余計な心配さえしたりして。


フィナーレのメドレーでは、1回目の

♪君は~こた~えず~~

の低音が、虫酸が走るくらい気持ち悪くて、
しかもえりこなのに、いやらしさがあって(え)大好き。

※ミニ知識※
わんさんが多用する「え」は、『スサノオ』で「月読さん(←神様なのにタメ口聞かれてる辺りすでに……ヽ(´ー`)ノ)、あなたはスサノオは生きているといいました……うそつき!」とイナダヒメに責められた月読が発した、何の抑揚も無い平板でマヌケな「え」に由来しています。つっくん激ラブ。


2回目の

♪君は~こ~た~えず~~~~

の、最高音「え」は、半音下がってのが
これまた気持ち悪くて大好きだったんだけど、
東宝開いてまもなくしてから出るようになってるよね。
えりこもがんばってるんだね。
えらいね(ちゃかしてませんYO!)。


パレードでは、上手でかしちゃんと並びですが、
階段を下りて自分の位置にやってきたかしちゃんが、
自分のシャンシャンに何かあったのか、
えりたんに手元を見せて何か訴えて、笑い合ってました。
いやんもー、めっさかわええええええ~~~ヽ(*´∀`*)ノ

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2006/05/05(金) 14:45:52|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

コメント

イマサラだけど、コムカルに対してかしげフェルゼンが観たかったな~と思う今日このごろ。
さぞ美しいフェルゼンだったと思うのよぉ。
(↑って、友人がいっそまーちゃんアントワネット様の方が話が壊れなかったんじゃ?と言い始めたとこからの連想)
んでもって、超オトメな恋するオスカルちゃんが観れたはずなのよぉ。

 「ちがいます、ちがいます!」
 って、ちーともちがくねーじゃん、ぜんぶ丸見えなんだよっ!


って突っ込みしたかった。(TT-TT)

そんなわけで、わたしもかしジェロはある意味「正しくない」と思ってまつ。
ジェロさんは、とことんカユい勘違いやろーであってくれないと。
  1. 2006/05/06(土) 16:52:46 |
  2. URL |
  3. あやこ #8qQsPyPE
  4. [ 編集]

☆あやこさん

かしフェルに乙女ラブのコムカル……。
んー、それもいいけど、コムロさんにはかっさんと
結ばれてほしいんで、それは却下です(大爆)。

それか、お話捻じ曲げて最終的に
かしフェルがコムカル連れてスウェーデンに逃亡で、
花祭りで♪ランララララララララランと楽しく踊って
紫の薔薇風呂なら賛成。
  1. 2006/05/07(日) 21:26:39 |
  2. URL |
  3. わん #GjNig3h.
  4. [ 編集]

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://robawan.blog42.fc2.com/tb.php/923-0cefaf7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。