ロバみみ

王様の耳はロバの耳(・∀・)ノ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ぶんちゃん

以前、広瀬先生の関連リンクで紹介した「広瀬光治の館」のページに、
ぶんちゃんが、愛犬のピュアくんと一緒に出てました。→コチラ



わんさんは、ぶんちゃんが雪組に組替えになった頃、
思想的に傾倒していた時期がございました。

新専科発足や短期トップの出現、生抜きスターの組替えなど、
ファンの立場からみて不条理極まる人事の頻発する劇団の中で、
頑ななまでに己の純粋さを貫こうとする姿に
義侠心を駆られたというのが主な理由です。

多くのマスコミが集まる退団記者会見の場で退団の理由を聞かれて、
隣りに植田センセイが座っているのにもかかわらず、

「劇団の方針です」

って、もうサイコーじゃないですか(笑)。


でもまあ、そんな小さな女の子の命がけの一撃など、
巨大な組織には所詮大きなダメージとなることもなく、
その後も劇団の相も変らぬ不可解な運営は、
いろいろな人の頭を悩ませ続けているんですけど。

とにかく、あの一言は痛快でした。


そんなぶんちゃんが退団後に
ピュアくんを飼いはじめたと知ったときには、

大丈夫か~~~(^-^;A
殺すなよ~~~(^-^;A

と本気で心配したものです。
まだ生きてたのねぇ~~~。
よかったわ~~~~。おほほほほ……。


それにしてもこの黒のチャイナ風ニット
セクシーで体型もカバーできてステキでつね(爆撃)。


<関連>
●絵麻緒ゆう公式HP
●2003年8月5日の日記(CLUB JOYさん)

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2006/05/13(土) 15:16:36|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:2

コメント

あの記者会見はいろいろ面白かったですよね。
まず、彼女は打ち合わせをばっくれたりしたわけですよ。
そいで、会場のお椅子は前代未聞の距離感。
ふつーに返す正直なコメント。
懐かしいなぁ。

そしてアキレス腱切った後、休む間もなく公演に出続けた挙句、サヨナラは拷問のようなタップショー。
そいでも、脚に過剰なダメージを与えない範囲で最大限のお稽古を、一人地味に続けていたそうですな。

んで。
ピュアくんね、飼い始めの頃に病気をして生死をさまよったことがありました。
でも危なかったのはそれだけかな。
非常に愛情の濃い人なので、その愛情のすべてをピュアくんがよく受け止めてくれてて助かってます。きっとニンゲンじゃ無理。(^^;

でも犬の寿命は短いもの。
ピュアくんが天寿をまっとうする頃、ぶんちゃんはちょうど更年期なお年頃だったりするわけで、ファンとしてはそっちが心配です。
  1. 2006/05/13(土) 16:09:09 |
  2. URL |
  3. あやこ@絵麻緒担 #8qQsPyPE
  4. [ 編集]

☆あやこさん

熱い想いを語ってくださってありがとうございます。

ねぇ、アレですよねぇ。
本人が100%正しいわけでもないと思うし、
今の日本の社会では最も生き難いタイプの人間ですよねw
でも、ああいう人に癒しを感じる人もいるわけで。
うん、なんつーか、人間っていろいろだな。
死んじゃえば一緒だけど(笑)。

あやこさんみたいにいつまでも味方でいてくれる
ファンがいるんだもん、ぶんちゃんは幸せものだよね。

銀橋を渡ってコーナーを曲がるとき、
2階席に向かってまぶしそうに目を細めて
ニカ~ッと笑うぶんちゃんが、わんさんは大好きでしたよ。
  1. 2006/05/16(火) 20:34:10 |
  2. URL |
  3. わん #GjNig3h.
  4. [ 編集]

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://robawan.blog42.fc2.com/tb.php/958-b854abc9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2003年8月5日の日記

初めてお稽古場に入った4月25日の出来事です。 だだっ広い夕方の4番教室にはプログラムに掲載する写真を撮るためのカメラマンもおられず(その時間帯は1番教室におられたらしい。)エマオさん、Edieさん、私の3人だけ。 お聞きした内容があまりにも生々しくてそのと
  1. 2006/05/13(土) 20:07:18 |
  2. CLUB JOY ~For Takarazuka Revue Lovers~

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。